チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、PSVvsドルトムントが20日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

PSV採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ベニテス 5.5
マレンのシュートは止められない。防げるものは止めていた

DF
3 ティーゼ 5.5
無理に上がらず守備に徹した

22 スハウテン 6.0
本職ボランチもセンターバック起用。パス出しで効いていた

18 ボスカリ 6.0
フュルクルクに対応しつつビルドアップでも良さが出ていた

(→オビスポ -)

8 デスト 5.5
前半はマレンの対応に腐心。後半は解放され攻撃参加で貢献

MF
10 ティルマン 5.5
ボールロストで失点に関与し決定機も逸した。しかしPK獲得で相殺

23 フェールマン 6.0
アンカーの位置で攻守のバランスを保った

34 サイバリ 6.0
ゴール前への絡みでアクセントを付ける

(→マウロ・ジュニオール -)

FW
11 バカヨコ 5.0
効果的な働きができていなかった

9 L・デ・ヨング 6.0
PKを決め、一仕事した

27 ロサーノ 6.0
PK獲得につながるクロスを入れる。一定の攻め手になった

(→ペピ -)

監督
ボス 6.0
押し込んでいただけに勝ち切りたかった

ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
33 マイヤー 6.0
コベルの直前の負傷を受けて急遽先発。安定したセービングを見せた

DF
26 リエルソン 5.0
ロサーノの対応に苦慮していた

15 フンメルス 5.0
ジューレのコンディション不良を受けて先発。PK献上

4 N・シュロッターベック 6.0
終始、安定していた。フィードも正確

22 マートセン 5.5
前半はボールロストが目立ったが立て直した

MF
21 マレン 6.5
個人技で恩返し弾。攻め手となった

(→エズジャン -)

20 ザビッツァー 6.0

11 ロイス 5.5
守備に追われて攻撃面で存在感を出せなかった

(→ブラント 5.5)
ロイスと大差ない出来

23 ジャン 6.0
ボール奪取からゴールに繋がった。ビルドアップ時にはバックラインに入って組み立てた

10 サンチョ 6.0
キープ力を見せて攻撃の時間を作った

(→ヴォルフ -)

FW
14 フュルクルク 5.5
前線で起点になりきれず

(→ムココ -)

監督
テルジッチ 6.0
敵地で引き分けは悪くない結果

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
マレン(ドルトムント)
古巣相手にゴール。守勢の展開の中、個人技でゴールをこじ開けた。

PSV 1-1 ドルトムント
【PSV】
L・デ・ヨング(後11)【PK】
【ドルトムント】
マレン(前24)

CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら