なでしこジャパンのFW上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)が、北朝鮮女子代表との第1戦を踏まえ、国立競技場での第2戦へ向けた意気込みを語った。

なでしこジャパンは24日、パリ・オリンピックアジア最終予選第1戦となる北朝鮮戦をサウジアラビアで行い、0-0の引き分けで終えた。翌日に現地でのトレーニングを挟み、26日に帰国。コンディション調整に重きをおいたトレーニングを行った。

2022年7月以来のなでしこジャパン選出となった上野。サウジアラビアでの第1戦は出番がないまま試合を終えた中、2戦目に向けては「結果を求めてやっていきたいと思っています」とコメント。また「自分の得点でチームを勝たせられるような試合にしたいと思います」と、ストライカーらしい意気込みを語った。

上野は日本女子代表として2023年10月の第19回アジア競技大会に参加。決勝での北朝鮮戦にも途中出場し、北朝鮮を知っている。

「アジア大会の時は前から相手が来るイメージが強すぎて、今回は結構引いた形にされてしまいました」と語り、自身が対戦した時とは違う戦い方をしてきたと振り返り、「自分たちも崩し切れなかったというところで、シュートや得点が遠かったなという印象でしたし、単純にパスミスだったりも少し目立った部分があったと思うので、次の試合はミスを減らしながら、自分たちの良さを出していければと思います」と、上手く攻撃ができなかったところを改善したいとした。

得点が必要な状況になれば出番も自然と回ってくるであろう上野。自身のプレーイメージについては「この間の試合を見ながら感じた部分というのは、前の選手としては相手の間で受けたり、相手の嫌な位置にポジショニングを取ると言うことは自分の強みだと思うので出していきたいです」と語り、「攻撃に厚みを出していきたいです」と、良さを出したいとした。

また「なかなか前にボールが繋がらない状況があったので、ボールを引き出したいですし、1トップの選手と絡んでプレーしていきたいです」とコメント。ボールを引き出す得意とするプレーで、勝利に貢献したいとした。