パリ・オリンピック世代のU-23日本代表にも招集され、現在はボルシアMGのファーストチームでもプレーするFW福田師王が現在の心境を語った。

神村学園高等部からJリーグを経由せずに、ボルシアMGへと渡った福田。2023年1月に加入し、セカンドチームでプレーを続けた。

高く評価されていた能力をセカンドチームで発揮。今シーズンもレギオナルリーガ・ヴェスト(ドイツ4部)で14試合5ゴールと結果を残すと、1年が経過した今年1月にファーストチームに正式に昇格した。

ドイツに渡って1年。ファーストチームに入った福田は、クラブのインタビューでこの1年を振り返り、サッカー面では苦労もあったとした。

「ドイツでは日本と体力やプレーのスピードが全く違うので、最初は簡単ではなかったです。でも、時間が経つにつれて、僕はヨーロッパのサッカーのスタイルとより高いレベルに適応することができました」

「今ではどんなパスからでも、どんな状況でも、ここでゴールを決めることができると学びました」

今シーズンは中位に甘んじているボルシアMG。チームの立て直しの中で、期待されているものも大きい。

昇格できたことについては「ファーストチームの一員になれてとても嬉しいです。それは僕に大きな自信を与えてくれました。トレーニングでも、試合でも、僕は常にベストを尽くすように努めています」とコメント。チームからの信頼が大きな自信に繋がっているという。

また、先輩でもあり、良き理解者でもある日本代表DF板倉滉についても言及。「滉さんは、僕にとって大きな助けになっています。ピッチ内外で僕をたくさんサポートしてくれています」と、心強い存在のようだ。

福田は1月27日に行われた首位のレバークーゼン戦でブンデスリーガデビュー。11分間の出場だったが、「本当にボルシアに勝って欲しかったです。ピッチに入った時は、自分のデビューのことよりも、チームと試合のことを考えていました。チームが勝てるように、ゴールを決めたかったです」と、デビュー戦を振り返った。

その後、バイエルン戦、RBライプツィヒ戦と終盤に3試合出場。この先への思いを語っている。

「基本的には常に改善し続けることを心掛けています。もちろん、もっと試合に出て勝利に貢献できればと思います」

「僕の大きな願いは、ボルシアで得点し、僕のゴールでチームの勝利に貢献することです」



CL・ELは決勝Tに突入!
パリvsソシエダ、インテルvsアトレティコなどWOWOWで生中継
>放送予定など詳しくはこちら