19日、日本代表は2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けたトレーニングキャンプを実施した。

2日目を迎えたキャンプ。当初は冒頭15分の公開予定だったが、急遽変更。冒頭30分間が非公開となり、その後にトレーニングが公開された。

非公開時には招集された25名が揃っていたようだが、公開後には18日にピッチ上でトレーニングした長友佑都、久保建英、田中碧、毎熊晟矢、川村拓夢の5人に加え、谷口彰悟、板倉滉、伊藤洋輝、橋岡大樹、前田大然、浅野拓磨がトレーニング。GKは大迫敬介、前川黛也の2名がトレーニングしていた。

いつも通りランニングに始まり、その後はビブスで3つの役割に分かれてのロンドを実施。寒さも感じる中で選手たちは精力的に体を動かすと、その後は5vs5のミニゲームを実施。伊藤、橋岡、久保、田中、前田が同じチーム、長友、板倉、川村、毎熊、浅野が同じチームでプレーした。

非公開時間も含めて1時間半程度でトレーニングは終了。その後は各自、シュート練習やランニング、ロングフィードのトレーニングなどを行い、終了した。