日本代表が21日に国立競技場で北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮代表戦に臨み、1-0で勝利した。超WSの選手採点と寸評は以下のとおり。

日本代表採点[4-2-3-1]
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

GK
23.鈴木彩艶 5.5
いくつかの場面でキックの乱れが気になったが、56分のセーブシーンやハイボールはしっかりと処理。

DF
2.菅原由勢 5.5
前半にヒジ打ちが顔面にヒットしたが、フル出場。攻撃参加のシーンもあったが、クロスの精度がいまひとつ。

(14.橋岡大樹 -)

4.板倉滉 5.5
キャプテンマークを巻いて出場。攻め込まれた後半序盤にヒヤリとするシーンもあったが、最後まで崩れず。

15.町田浩樹 5.5
相手のカウンター時やカバーリングで良い対応も。セットプレーから高さを生かしてゴールにも迫る。

21.伊藤洋輝 5.0
前の選手を使いながら攻撃に絡む姿勢もあったが、出し手としてやや消極的な判断も。

MF
5.守田英正 6.0
バランサーとしての役回りに重きを置きつつ、チャンスと見るや縦パスやシュートで見せ場。

(6.遠藤航 6.0)
中盤にどっしりと構えて攻守をコントロール。しっかりと試合を締めた。

17.田中碧 6.5
アジアカップ落選後の代表復帰戦で開始2分に先制ゴール。中盤を流動的に駆け回り、守りにも労を惜しまず。

10.堂安律 6.0
先制アシストで幸先の良い入りをし、周りを使うプレーも良かったが、幾度かのシュートチャンスでゴールならず。

(3.谷口彰悟 -)

8.南野拓実 6.0
ゴールに迫っていく形は限られたが、エネルギッシュに動き回り、潤滑油に。トランジションにも鋭さがあった。

(18.浅野拓磨 -)

11.前田大然 6.5
守備も攻撃も常に前向きで、所々で上手さも。終始ハツラツとしたプレーぶりで存在感を大きくした。

FW
11.上田綺世 6.0
ヒールでの繋ぎで先制点の起点になるなど、ポストプレーヤーとしてきらりと光る存在に。80分にようやく大きな得点チャンスも…。

(19.小川航基 -)

監督
森保一 5.5
失意のアジアカップから再出発図る一戦を勝利。守りでは無失点だったが、攻撃は開始2分の1ゴール止まりと消化不良も拭えず。

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
MF田中碧(日本)
アジアカップメンバー落選は悔しかっただろうが、ここぞというタイミングの攻撃参加で電光石火の一発。その後の攻撃でも守備でも堂々とプレーした。

日本代表 1-0 北朝鮮代表
【日本】
田中碧(前2)