U-23日本代表FW染野唯月(東京ヴェルディ)がU-23マリ代表戦を振り返り、反省を口にした。

22日、国際親善試合で日本はマリと対戦した。すでにパリ・オリンピック出場を決めているチームとの対戦。日本は開始2分に平河悠のゴールで先制したが、その後はチャンスを生かせず、ミスも絡んで3失点。1-3で敗れた。

前半をベンチで見守った染野は、後半頭から出場。ビルドアップに参加したり、FW細谷真大との連係を見せるもゴールを奪えなかった。

染野はメディア取材に応じ、「自分の中では入りが上手くいかなかったなと正直思いました」とコメント。「でも、良いところと悪いところが出たので、次に繋げたいなと思います」と、課題を克服して次に生かしたいとした。

具体的な課題については「まずはボールを受ける位置」と語り、「攻撃になった時のビルドアップの時に、自分がもっと良いポジション、もっと早く相手の嫌なところでボールをたくさん受ければ、攻撃のリズムが生まれるかなと思いました」と語った。

この日の日本はボールを持った場合でもパスがミスとなり、ポジショニングのズレも含めて効果的に主導権を握ることはできないまま90分を終えた。

また決定機も多くはなかったが、シュートが枠に飛ばない回数が多く、大チャンスは限られたものに。「自分の特徴としてはゴール前での仕事なので、ゴール前に入って行く回数というのは今日の試合はもっと増やせたかなと思います」と語り、染野もよりゴールの近くでプレーできればと反省した。