FA女子スーパーリーグ第17節の6試合が、23日から24日にかけて各地で行われた。

ホームに首位チェルシー(勝ち点40)を迎えた11位ウェストハム(勝ち点12)は、清水梨紗、林穂之香、植木理子のなでしこジャパン勢3人が先発フル出場。一方、チェルシーの浜野まいかはメンバー外だった。

残留争い渦中のウェストハムはゆるふわな立ち上がりを見せてしまい、早々の2分、右サイドを割られて20歳のFWアギー・ビーバー=ジョーンズに先制点を許してしまう。

これで目が覚めたウェストハムは、ようやく3トップのプレスにもスイッチが入り、14分には右からの対角クロスを植木が頭で落とし、スペースへ走り込んだ林が滑り込みながらネットを揺らす。だが、副審はフラッグアップし、映像上はオンサンドに見えたが、オフサイドと判定され、同点ゴールは幻となった。

ウェストハムは以降も、植木が単独カウンターからクロスバーをかすめるフィニッシュを放ち、前半終了間際にも林のスルーパスからヴィヴィアン・アッセイが決定機を迎えるなど奮闘するが、後半は修正を施したチェルシーがゲームをコントロール。88分にCKからエリン・カスバートが試合を決める強烈な一撃を叩き込み、2-0で勝利したチェルシーが首位をキープしている。

宝田沙織と籾木結花を擁する8位レスター・シティ(勝ち点16)は10位ブライトン&ホーヴ・アルビオン(勝ち点14)とのシーソーゲームに敗れた。

ウィリー・カーク監督不在の中で宝田を加入後初のベンチスタートとするなど、策を講じてきた2連敗中のレスターは、前半をゴールレスで終えると、折り返しての54分に籾木のラストパスからユッタ・ランタラが右ポケットからニアを抜き、先制に成功する。

ただ、62分、68分と立て続けの失点でブライトンに逆転を許すと、途中出場した宝田の絶妙スルーパスからレナ・ペーターマンが84分に同点弾を挙げたものの、その1分後に勝ち越し弾を献上。打ち合いに敗れた。

長谷川唯がフル出場した2位マンチェスター・シティ(勝ち点40)は、宮澤ひなたが欠場中の4位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点28)に3-1と、エティハド・スタジアムでの"マンチェスター・ダービー"を制した。

長野風花がハムストリングのケガから公式戦3試合ぶりに復帰した5位リバプール(勝ち点28)は、アウェイで9位エバートン(勝ち点14)との"マージーサイド・ダービー"を迎え、ファイナルサードでの精度を欠いて両者無得点のドロー。勝ち点「1」の積み上げにとどまったが、ユナイテッドをかわしてトップ4に顔を覗かせた。

3位アーセナル(勝ち点34)は、7位アストン・ビラ(勝ち点16)の敵地に乗り込み、前半被シュート1本で1失点の展開を強いられたが、後半に3得点を奪っての逆転勝利。最下位ブリストル・シティ(勝ち点6)vs6位トッテナム(勝ち点22)は、1-0でトッテナムが勝利し、2連勝を飾っている。