U-23日本代表DF鈴木海音(ジュビロ磐田)が、U-23ウクライナ代表戦を振り返った。

25日、国際親善試合で日本はウクライナと対戦。すでにパリ・オリンピックの切符を手にしているウクライナを相手に、日本は佐藤恵允と田中聡のゴールで2-0と勝利を収めた。

4月に控えるアジア最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップに向けた最後の試合。フル出場でクリーンシートに抑えた鈴木は、前半に決定機をしっかりとブロックするなど良いパフォーマンスを見せた。

前半のピンチについては「良いカバーができたと思っています」と振り返りつつ、「ちょっとファンブルしそうでもあったので、もっとコミュニケーションをレオ(小久保玲央ブライアン)と取れれば良かったかなと思います」とコメント。反省と改善の余地があるという。

それでもDF馬場晴也(北海道コンサドーレ札幌)とのコンビもしっかりと機能。ハイラインを保ちながらもビルドアップも上手く行い、鋭い縦パスやフィードも積極的に狙っていた。

「相手は結構GKを使ってビルドアップしてくるので、ロングボールをそこまで前半は使ってこないと感じましたし、蹴られても9番(マイコラ・クハレビチ)が1人で裏抜けしていると感じていたので、ラインを頑張って押し上げて、ボランチのところで(松木)玖生とかジョエル(藤田譲瑠チマ)とかにタイトに行かせることを意識して、コンパクトにしようと全員でしていました」

「90分続けられて良かったかなと思いました。オープンになった時の終わらせ方とかは突き詰めていきたいなと思います」

しっかりと周囲との連係をとっての対応策。結果が出たことは自信にも繋がっていくだろう。