マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを擁護した。クラブ公式サイトが伝えた。

シティは3日、プレミアリーグ第31節でアストン・ビラと対戦する。わずか3日前にアーセナルとの上位対決に臨んだが、0-0のゴールレスドロー。シティにとってはホームでの無得点は2年半ぶりの珍事であり、その原因をなすりつけられているのがハーランドだ。

かつてマンチェスター・ユナイテッドでキャプテンを務め、現在は解説者として活躍するロイ・キーン氏は、ハーランドについて「ほとんど2部リーグの選手」と酷評。しかし、グアルディオラ監督はそのコメントに反論。同意はできないとした。

「私は彼の意見には同意できない。絶対に違う。彼は世界最高のストライカーだ」

「彼は我々が昨シーズン勝ち取ったものを勝ち取るのに貢献してくれた」

「もっとチャンスを作れなかったのはアーリングのせいではない。人数をもっと増やし、ファイナルサードでもっと存在感を発揮する必要がある」

「我々は並外れた試合をした。アーセナル戦を振り返ったが、ファイナルサードでは多くの人がミスをしていた。アーリングは格別だ」

「アーリングの基準は信じられないものだ。人々はあらゆることを期待している。『もっと良くなったかもしれない』という試合もあったが、チャンスがなかったのは、あの試合のアーリングのせいではないと試合中に感じた」

「もちろん、誰もが知っているように、彼には特別な資質がある。23歳の彼はさらに成長するだろう」

2022-23シーズンからプレミアリーグにチャレンジしたハーランド。世界最高峰のリーグで苦戦も予想されたが36ゴールを記録し得点王に輝くと、公式戦では52ゴールを記録。チームはプレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)と3冠を達成するなど、タイトル獲得に多大なる貢献を果たしていた。

一方で、今シーズンはトップ5のクラブ相手にわずか1ゴールという状況。18ゴールで得点ランキングのトップには立っているが、強豪相手に苦戦しているのも事実ではある。

ただ、グアルディオラ監督はサッカーは個人のせいではないとし、チャンスを逃している場面はありつつも、チャンスメイクの数や相手の対応など理由はいくつもあると擁護した。

「いくつかのチャンスを彼は逃している。時には(パスの)供給が不足していることもあるだろう。場合によっては、監督の判断で決定することもある。時には相手が本当に良いこともある。理由はたくさんある」

「フットボールにおいて、理由は1つだけではない。たくさんある」

「成功する時も、成功しない時も、様々な理由が考えられる。それはチームスポーツだ。ゴルフやテニスのように、個人的なものではない。誰もが他のものを必要としている」