今シーズン、多くの負傷者を抱えるマンチェスター・ユナイテッドだが、再び2選手が離脱となったようだ。

ここまでプレミアリーグで29試合を消化して6位につけるユナイテッド。タイトル争いからはすでに脱落し、トップ4争いでも苦しい状況に陥るなど、エリク・テン・ハグ監督の2シーズン目は非常に厳しい成績となっている。

その原因の一つとなっているのが、負傷者の続出。シーズンを通して多くのケガ人を抱えるユナイテッドだが、イギリス『デイリー・メール』によると新たに2人の負傷者が出てしまったようだ。

1人目は、DFリサンドロ・マルティネス。昨年4月に右足中足骨骨折、今年2月に内側側副じん帯損傷と度重なるケガに見舞われてきたアルゼンチン代表DFだが、今度はトレーニング中のふくらはぎ肉離れによって1カ月程度の離脱を余儀なくされるようだ。

2人目はDFヴィクトル・リンデロフ。先週末に行われたプレミアリーグのブレントフォード戦でハムストリングを痛めて負傷交代していたが、こちらも1カ月程度の離脱になるという。

ユナイテッドはここからチェルシー、リバプールとのビッグマッチが続き、今月はFAカップ準決勝も控えているだけに、ディフェンスラインの負傷者続出が大きな痛手になるのは間違いないだろう。