【明治安田J1リーグ第7節】
2024年4月7日(日)
14:00キックオフ
アルビレックス新潟(11位/8pt) vs セレッソ大阪(3位/12pt)
[デンカビッグスワンスタジアム]

◆カギは先制点、4試合ぶり勝利へ【アルビレックス新潟】

6試合を終えて2勝2分け2敗の五分の成績。順位も11位と真ん中にいる状況だ。ここからの戦いが上に行くのか、下に行くのかを決めることになる。

ミッドウィークの試合はジュビロ磐田相手に2-0で敗戦。ジャーメイン良に2ゴールを奪われて敗れ、3試合勝利から遠ざかっている。

チームとしてはやや下降線。特にセットプレーの守備に課題があり、自分たちのプレーをなかなかさせてもらえない。

先手を奪われる戦いが続いているだけに、まずは守備から入りたいところ。相手に主導権を渡さず、得意のパスワークで先にゴールを奪えるか注目だ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:小島亨介
DF:藤原奏哉、舞行龍ジェームズ、千葉和彦、堀米悠斗
MF:島田譲、秋山裕紀
MF:松田詠太郎、高木善朗、太田修介
FW:谷口海斗
監督:松橋力蔵

◆【セレッソ大阪】

ここまでの6試合は3勝3分けの無敗。首位との勝ち点差は「1」で3位につけている。

前節はアウェイでの柏レイソル戦で追いつかれての1-1のドロー。柏の守備を崩せずPKの1点に終わり、連勝も「3」でストップした。

攻撃面は相手ゴールに近づく場面はあれど、意外にもゴールは伸びていない。決定力を欠くことが多く、パスミスも目立つ。アタッキングサードの精度を上げることが、上位位に続けるためのポイントとなりそうだ。

難しい時間帯をいかに我慢して乗り切り、自分たちのペースに持っていけるか。90分を通したマネジメントが成功すれば、自ずと結果はついてくる。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:キム・ジンヒョン
DF:毎熊晟矢、西尾隆矢、舩木翔、登里享平
MF:ヴィトール・ブエノ、田中駿汰、奥埜博亮
FW:ルーカス・フェルナンデス、レオ・セアラ、カピシャーバ
監督:小菊昭雄