チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーが、日本時間17日28:00にシティ・オブ・マンチェスタ−・スタジアムでキックオフされる。ゴラッソの応酬の末に壮絶なドローゲームを演じた優勝候補同士による、ベスト4進出を懸けた第2ラウンドだ。

先週にサンティアゴ・ベルナベウで行われた1stレグは3-3のドローに終わった。前半開始直後にベルナルド・シウバの直接FKでアウェイチームが先制したものの、ホームチームもオウンゴールとロドリゴのゴールですぐさま逆転。以降はマドリーが試合の主導権を握ったが、シティが後半半ばにフォーデン、グヴァルディオルの見事なミドルシュートで再逆転。しかし、マドリーもバルベルデの圧巻のダイレクトボレーで追いつき、イーブンの状況で初戦を終えた。

2度のリードを守り切れなかったが、難所でのドローと悪くない結果でマンチェスターに帰還したシティズンズ。先週末のルートン・タウンとのホームゲームではロドリ、フォーデン、ベルナルド・シウバ、グリーリッシュらに完全休養を与えた中、コバチッチとグヴァルディオルのクロアチア代表コンビの今季リーグ戦初ゴールの活躍によって5-1の快勝。リーグタイトルを争うアーセナル、リバプールがいずれも敗れたことで、首位奪還に成功し、最高の状態で今回の大一番を迎えた。

一方、先勝を逃したが、2度追いついてドローに持ち込んだマドリー。直近のリーグ戦ではマジョルカ相手にカルバハル、クロース、ロドリゴ、ヴィニシウスらを温存して臨んだ中、チュアメニの強烈なミドルシュートで奪ったゴールを最後まで守り抜いてウノセロ勝利。やや苦戦を強いられたが、きっちり勝ち点3を積み上げて次節のエル・クラシコを8ポイント差で迎えることになった。過去のシティとの対戦においてアウェイゲームは3試合全敗と厳しい戦績となっているが、大会最多王者の勝負強さを発揮して敵地で4強入りを決めたいところだ。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-2-3-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ディアス、グヴァルディオル
MF:ロドリ、ベルナルド・シウバ
MF:フォーデン、デ・ブライネ、グリーリッシュ
FW:ハーランド

負傷者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関して欠場者はいないが、ウォーカーとアケの状態が懸念される。

スタメンは1stレグをベースに、オルテガとアカンジ、コバチッチに代えてエデルソン、ウォーカー、デ・ブライネの主力3人の復帰を予想。ウォーカーが難しい場合はアカンジが引き続き右サイドバックに入る見込みだ。

◆レアル・マドリー◆
【4-2-3-1】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ルニン
DF:カルバハル、ナチョ、リュディガー、メンディ
MF:カマヴィンガ、クロース
MF:バルベルデ、ベリンガム、ロドリゴ
FW:ヴィニシウス

負傷者:GKクルトワ、DFアラバ
出場停止者:MFチュアメニ(1/1)

チュアメニが累積警告で出場停止に。負傷者はクルトワ、アラバのみが不在となる。

直近2試合では[4-2-3-1]の布陣で臨んでおり、今回の一戦でも同様の戦いが予想される。その中で前線の立ち位置に注目したいところだ。なお、チュアメニの代役に関しては長期離脱明けのミリトン起用を望む声もあるが、直近のマジョルカ戦では試合最終盤の数分間のみのプレータイムとなっており、時期尚早だ。

★注目選手
◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ
Getty Images
アクシデントで欠場となった前回対戦の悔しさを力に。先週の1stレグではクリスタル・パレス戦での2ゴール1アシストの活躍もあってキーマンの一人と目されたが、試合当日の体調不良で無念の欠場となった。それだけに今回の一戦に懸ける思いは誰よりも強いはずだ。

1stレグでは代役を担ったコバチッチがハードワークを見せた一方、アタッキングサードではアイデア、精度を欠いて攻撃が停滞した印象があり、この試合では消化不良に終わった主砲ハーランドの再生と共にグリーリッシュやフォーデン、ベルナルド・シウバと有機的なコンビネーションによってゴールへの道筋をリードしていきたい。また、高精度のプレースキックから決定機を演出したいところだ。

◆レアル・マドリー:DFアントニオ・リュディガー
Getty Images
怪物との第2ラウンドも制することができるか。敵地での勝利が必須条件となり、ヴィニシウスや母国帰還のベリンガムといった攻撃陣のパフォーマンスが重要になることは間違いない。だが、同時に主力の復帰で破壊力を増す相手の攻撃をいかに封じ込めるかが、突破のカギを握る。

その中で前回対戦では相手のエースストライカーであるハーランドとのマッチアップにおいて、完璧なパフォーマンスを見せたドイツ代表DFにかかる責任は非常に大きい。

相棒がフィジカル面で劣るナチョに変わる点に加え、デ・ブライネの復帰によってホットラインを築くハーランドの動きの質、チーム全体のボールの収まりも改善されるため、守備者としてより多くの選択肢を考慮に入れながら、より強力となった怪物FWを封じるという困難なタスク遂行を図る。

ミランvsローマの同国対決など
WOWOWでライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら