ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、6月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に向けたドイツ代表メンバーを発表した。

ハンジ・フリック監督は、休養のため招集外としたGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)に代役として、2000年9月以来となるGKオリバー・バウマン(ホッフェンハイム)を招集した。

その他では、GKマヌエル・ノイアーDFアントニオ・リュディガー(チェルシー)、MFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、MFレロイ・サネ(バイエルン)、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)ら主力を順当に招集している。

なお、今大会でリーグA・グループ3に属するドイツは6月4日にイタリアとのアウェイゲーム、以降イングランド代表とのホームゲーム(6/7)、ハンガリー代表とのアウェイゲーム(6/11)、イタリアとのホームゲーム(6/14)の4試合を戦う予定だ。今回発表された招集メンバー26名は以下の通り。

◆招集メンバー一覧
GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ケビン・トラップ(フランクフルト)
GKオリバー・バウマン(ホッフェンハイム)

DF
ヨナタン・ター(レバークーゼン)
ダビド・ラウム(ホッフェンハイム)
ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ)
ルーカス・クロステルマン(RBライプツィヒ)
ニコ・シュロッターベック(フライブルク)
ニクラス・ジューレ(バイエルン)
ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン/フランス)
アントニオ・リュディガー(チェルシー/イングランド)

MF
アントン・シュタハ(マインツ)
ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
ユリアン・ブラント(ドルトムント)
ジャマル・ミュージアラ(バイエルン)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
レロイ・サネ(バイエルン)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ/イングランド)

FW
トーマス・ミュラー(バイエルン)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
ルーカス・エンメチャ(ヴォルフスブルク)
カイ・ハヴァーツ(チェルシー/イングランド)
ティモ・ヴェルナー(チェルシー/イングランド)
カリム・アデイェミ(ザルツブルク/オーストリア)

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら