ローマに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)はクラブに残留するかどうか不透明のようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。

かつてドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどにも在籍した33歳の老練なアタッカーは、今季のセリエAで31試合5得点6アシストと、年齢を感じさせないハイパフォーマンスを見せ、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマの中心選手として活躍している。

そんなムヒタリアンだが、ローマ加入3季目を迎えた今季限りで現行の契約が満了。現在までにローマとの契約延長にサインしておらず、母国アルメニアのニュースを伝える情報サイト『Public Radio of ARMENIA』によると、ムヒタリアンに対し、インテル、ナポリのセリエA勢の他、トッテナム、アストン・ビラのプレミア勢も関心を寄せているようだ。

中でも獲得に熱心だとされているのがインテルだが、昨夏に引き続き財務上の観点から今夏の移籍市場も予算が限られている模様。そんな中でもチームの競争力を維持するために、フリー移籍で獲得可能なベテラン即戦力にアプローチをかけているとみられている。

また、イタリア『Sempre Inter』によると、インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督がムヒタリアンの獲得を熱望しており、中盤の主力選手であるトルコ代表MFハカン・チャルハノール(28)のバックアップとしてチームに迎え入れたいとのことだ。

ムヒタリアンのローマ退団は現時点で確定しておらず、モウリーニョ監督も契約延長を望んでいるとのことだが、引き続きイタリアの首都でプレーを続けるのか、違う色のユニフォームを着ることになるのか。未だ衰えを見せないベテランの決断に注目が集まっている。

いよいよクライマックス!
CL決勝「リヴァプールvsレアル・マドリード」
5/29(日)午前3時〜WOWOWで生放送・ライブ配信!
>>無料トライアルはこちら