延岡市が誘致した小田原短期大学の通信教育校が延岡駅近くに開校し、入学式が行われました。
開校したのは神奈川県にある小田原短期大学保育学科の通信教育課程で、県内と大分県の10代から50代の21人が幼稚園教諭や保育士などの資格取得を目指します。入学式では、吉田眞理学長がビデオメッセージで挨拶した後、入学生による宣誓が行われました。
(入学生宣誓・原田祥子さん)
「きょうから常に自らの目標を意識し、向上心を持って日々努力していくことをここに誓います」
(入学生は)
「子どもと関わる仕事をしていくので、子どものため、保護者のためになることを学んでいけたらと思います」
学生はテキストを使った自宅学習が基本となりますが、週末には講義のため、中心市街地に設けられた「延岡スクール」に通うことから、町の賑わいにつながると期待されています。