渋谷から電車でたったの20分! 半休でも通える23区内唯一の「渓谷」

 本格的な夏の暑さは、身体だけでなくメンタルもこたえます。しかも年々厳しくなる、東京の酷暑。ひと夏を乗り切るには、避暑地へ行くのが最も効果的です。

 東京の近場にもある、夏でも涼しさが実感できる関東エリアの避暑地を紹介します。

 まずは、東京都内にあって気軽に行くことができるのが「等々力渓谷」です。東京23区内で唯一の渓谷。「本当にここ都内?」と思うほど涼しさが感じられるほど、渓谷内はまさに別世界です。

 世田谷区のHPには等々力渓谷を紹介する動画も配信されています。(https://www.youtube.com/watch?v=7eAYjqJfjLw)

 東急大井町線「等々力駅」下車徒歩3分、渋谷からたった20分の距離です。車がなくても電車だけで行くことができます。

 同じ東京都内の避暑地では、「奥多摩」もおすすめです。東京で唯一「日本の滝百選」に選ばれた名瀑、払沢の滝があります。
 ゆるやかな傾斜の遊歩道は歩きやすく、夏祭り時は夜間ライトアップも。

 車以外の交通アクセスは、JR武蔵五日市線の終点「武蔵五日市駅」から路線バスで約25分、バス停「払沢の滝入口」で降車して徒歩約15分です。


新幹線で一気に高原へ! ハイキング初心者もおすすめ

 関東にあって東京と比べて気温が10度ほど低い避暑地が、福島県や群馬県など4県にまたがる「尾瀬」です。2000メートル級の山々に囲まれ、本州最大規模の高層湿原があり、特に夏は咲き誇る花々も多く見られます。

 湿原内は木道やベンチなどが整備され、山小屋やキャンプもおすすめ。
 交通アクセスは、主に3つの尾瀬への入口別に、東京から上越新幹線「上毛高原駅」下車や新宿からの高速バスなど、さまざまな手段があります。

 関東で屈指の人気避暑地といえば、栃木県の「那須高原」でしょう。ただ涼しいだけでなく、遊園地、散策場所、牧場などがそろい、楽しみ方はいろいろ。

 東京から東北新幹線「那須塩原駅」まで約1時間20分なので、日帰りでの避暑も可能です。


夏の平均気温23度、標高が高い高原こそ涼しさ抜群

 泊まりで避暑へ行くなら、長野県もおすすめ。特に、都心寄りの長野県東部にある「志賀高原」は、冬はスキー、そして夏はまた違う魅力があります。

 志賀高原は5月半ばまで雪で覆われ、その後に多くの池や沼、湿地帯が雪解けとともに出現し、高原植物が見られます。
 標高1000メートル、夏の平均気温は約23度。じっくり滞在してこそ、その涼しさが実感できるはずです。

 遊歩道散策からトレッキング、さらに本格登山まで楽しめ、歩くだけで身も心も癒されます。リフトやゴンドラを使って一気に山頂に向かうルート、日本で一番標高が高い「雲の上のパン屋さん」などもおすすめ。
 
 志賀高原までのアクセスは、公共交通機関の場合、東京から長野新幹線「長野駅」下車後、長電バス急行もしくは長野電鉄で「湯田中駅」で下車し、長電バス志賀高原線に乗り換えます。

 長野県の避暑地といえば「軽井沢」をまずイメージする方も多いはず。特に、軽井沢で最も涼しさが感じられるのが、白糸の滝です。豪快に流れ落ちる滝の水で周りも冷やされ、透明度の高い水に涼しさを実感できるでしょう。

 ここも夏季限定で夜間ライトアップ開催。東京から北陸新幹線「軽井沢駅」まで約1時間30分、その他、都内の主要駅から高速バスで行く方法もあります。


都内にもある! 真夏も年間平均11℃「鍾乳洞」は天然の避暑スポット

 天然の冷房スポットとも言える鍾乳洞は、東京都内にもあります。その1つが、奥多摩の「日原(にっぱら)鍾乳洞」です。年間を通じて11℃という洞内は、まさに別世界。真夏でもひんやりとした空気に身も心も癒されるでしょう。

 日原は、山岳信仰が栄えた場所。修験道の聖地で、この鍾乳洞の中で厳しい修業が行われていました。洞内の見学は所要1時間ほど。

 JR青梅線「奥多摩駅」から西東京バスで約35分「日原」下車。歩きやすい靴必携、バスの本数が少ないので注意しましょう。都心から日帰りで行くことも可能です。

 都内にはもう1つ、おすすめの鍾乳洞があります。あきる野市にある「大岳(おおたけ)鍾乳洞」です。緑と渓流が美しい大岳山のふもとに位置し、近隣にはキャンプ場も。

 日原鍾乳洞との大きな違いは、カラフルなライトアップがなく、全長約300メートルでむき出し自然そのままの鍾乳洞が体験できること。周辺の渓流や大滝などのトレッキングもおすすめです。

 JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」から路線バス「大岳鍾乳洞入り口」下車、徒歩約30分。あきる野市には全長120メートルの小規模な「三ツ合鍾乳洞」もあります。

 東京都心から行くのに便利な、身も心も涼しくなれる「避暑地」をピックアップして紹介しました。
 
 近隣県も近年は新幹線の開通で、電車など公共交通機関でのアクセスも便利になりました。厳しい暑さを乗り切るのに、休日に身近な場所から出かけてみてはいかがでしょうか。