明治時代の新橋で生まれたビヤホール

 写真は1934(昭和9)年創業の、現存する店としては日本最古のビヤホール、ビヤホールライオン銀座七丁目店。

 今年(2022年)に登録有形文化財(建造物) となった、建物自体が貴重なビヤホールです。

 昭和初期のレトロモダンな雰囲気の中で、おいしい生ビールを飲むことができる店です。ハードルの高そうな店に見えますが、実際には飛び入りのお客様にも優しい店ですので、銀座におこしの際には是非、立ち寄ってみてください。  

 これは日本初のビヤホール、恵比寿ビヤホールが開店した1899(明治32)年の広告。

 恵比寿ビヤホールの所在地は、ビヤホールライオン銀座七丁目店のすぐ近く。新橋方面に歩いて3分の、現在の銀座天國ビルがある場所でした。


なぜ「ビヤホール」という名前がついたのか?

 ビヤホールが生まれた経緯、そしてなぜ「ホール」という店名がついたのかについては、『食通 1938年11月号』の記事「『ビヤホール』の名付け親」に説明があります。

 ビール会社の重役を務めた橋本卯太郎という人の証言によると、それまで日本になかった、外国風に生ビールを飲ませる店を作ろうとして計画されたのがビヤホール。

 アルファベット文字を使用した看板をデザインする際、左にBEERの4文字、中央部分に会社のマーク、その右に店名を入れることが決まりました。

 そしてBEERの4文字とバランスのいい4文字の英語ということで、HALLという単語が選ばれたそうです。看板のデザインありきの名前だったんですね。

 開店とともに恵比寿ビヤホールは大繁盛。1899(明治32)年9月21日の読売新聞朝刊記事「ビーヤホール一雨毎に増加す」には、

 “新橋に恵比寿ビールのビーヤホールを開店して大當(おおあた)りなりしより處々(ところどころ)にビーヤホールの起らんとする”

 とあり、東京に次々とビヤホールが開店しブームが巻き起こったことを報じています。


ビヤホールブームの理由(一) とりあえずビールとコレラ対策

 なぜビヤホールがブームとなったのか?その理由は「とりあえずビール」が飲めるという、コンセプトの新しさにありました。

 恵比寿ビヤホール以前にも、銀座の函館屋、浅草の神谷バー(当時の名は「みかはや銘酒店」 )など、洋酒の一杯売りをする店はありましたが、冷えた生ビールをとりあえず一杯、という常設店は皆無に等しかったのです。

 もう一つの理由は、コレラ対策です。

 幕末から明治時代にかけての日本では、コレラを代表とする疫病が度々流行しました。人々は疫痢を恐れ、外出先では真夏でも殺菌された熱い飲料、甘酒や飴湯を飲みました。

 そんな明治時代において「冷たい救世主」となったのが、ラムネとビヤホールの生ビール。

 1886(明治19)年、とある新聞が「ガス入り飲料をのむとコレラにかからない」 という記事を載せたことから、コレラ予防に効くとラムネがブームに。

 これは1892(明治25年)のラムネ広告。「宮内庁御用」「蒸留水」といううたい文句で安全性をアピールしています。

 ビールもラムネと同じく、コレラに効くという炭酸ガス入り。しかも工場直送樽生ビールの安全性と品質は、ビール会社のお墨付き。コレラを気にせず飲める冷たい飲料として、ビヤホールのビールは人気となったのです。


ビヤホールブームの理由(二) お気軽西洋一品料理

 1902(明治35)年の平出鏗二郎著『東京風俗志 中』によると、ビヤホールには「お手輕西洋一品」という看板がかかっていたそうです。

 これは当時のビヤホールの広告ですが、「一品西洋御料理」の文字があります。

 一品西洋料理とはどういう意味かというと、「フルコースを頼まなくても、一品だけでも注文可能」という意味です。

 東京の西洋料理は、精養軒や帝国ホテルなどにおける高級料理としてはじまりました。そのような高級店においては、高いお金を出してフルコースを食べることが一般的だったのです。

 庶民にとってハードルが高かった西洋料理。そこにビヤホールが「一品西洋料理」の看板を掲げ、カツレツ一皿だけでも、カレー一皿だけでもOKですよ、とアピールしたのです。
 
 ハイカラな西洋料理がお手軽に楽しめる。そんな店としても、ビヤホールは人気となったのです。


カフェーブームとビヤホール

 明治時代末になると、ビヤホールにライバルが現れます。カフェーです。
 
 現在のカフェとは異なり、当時のカフェー商売はビールなどの洋酒の一杯売りが中心。さらにはカツレツやカレーなどの一品料理も出していました。このようにビヤホールとの共通点が多いカフェーが、ブームとなったのです。

 実際のところ、カフェーは女給をおくようになったビヤホール、ビヤホールの延長線上にできた店がカフェーであったともいえるのです。

「メイドカフェブームの原点は上野にあり!? 115年前の博覧会とは」</a>に書いたように、日本初の女給をアピールするカフェー、1909(明治42)年開店のカフェー・シンバシは、精養軒が恵比寿ビヤホールを買収してできた店。

 そしてカフェー・シンバシの発展形として生まれた銀座のカフェー・ライオンも、ビヤホールとしての性格を持っており、恵比寿ビールを売り物としていました。


カフェーの変質と ビヤホールライオンの誕生

 カフェーブームを牽引したカフェー・ライオンですが、関東大震災後に女給のお色気を売りにするカフェー・タイガーが銀座に進出し、その人気に陰りが出ます。

 単に女性が給仕するだけ、お色気サービスのない上品なカフェー・ライオンは衰退。カフェーは次第に、高額なチップで女給がお色気サービスをするいわゆる「水商売」へとその性格を変えていきます。

 やがて経営が傾いたカフェー・ライオンは大日本麦酒に買収され、ビヤホールへと改装されます。カフェーがビヤホールに先祖返りしたわけです。

 このカフェー・ライオンが先祖返りしたビヤホールこそが、ビヤホールライオン。

 そして「水商売」へと変質した銀座のカフェーの遺伝子は現在、銀座のクラブへと引き継がれているのです。