「会社の同僚で、以前から“大手企業に勤務する高収入の彼氏”について周囲にマウントをとる女性がいます。

最近は慣れてみんな聞き流していたのですが、ボーナスが支給された日のこと。

『彼氏は○○万円ボーナスでもらうから、旅行に連れていってもらうの!』

とランチのときにまた自慢がはじまり、適当に返事をしていたら

『あなた、いくらだったの?

私の彼氏より多いんだっけ?』

といきなり話を振られました。

ボーナスの金額は成績によって変わるのですが、それを堂々と尋ねるなんて、ちょっと失礼ですよね。

固まっている私に代わって別の同僚が

『そういうの、聞くものじゃないでしょ』

と言ってくれましたが、その女性は不満顔。

『じゃああなたはいくらだったの?』

と思わず尋ねてしまったのですが、それには答えませんでした。

マウントも鬱陶しいけど、こういう質問が嫌でそれ以降は一緒に過ごすのはやめています」(32歳/セールス)

同僚のボーナスの金額を聞いてどうしたいのか、自己中心的な振る舞いは敬遠される一方ですよね。

同じ質問をされて自分は答えられないのなら、失礼なのだと気がつくべき。

マウントも、度が過ぎれば人が去っていくのが現実です。