「おうちデートしている時に彼女が悩みを打ち明けてくれました。

『最近上司の目が厳しくて』『私ばかり叱るんだよ』と言うので『うんうん』と話しを聞いて、『本当に自分だけかよく考えてみたら』と答えたんです。

すると彼女から『うん、そうだね』と素っ気ない返事が。

でも、その後すぐに『同僚の言葉が嫌味っぽくて』と続いたので、また仕事の愚痴? と少しうんざりしてしまって。

それでも『気のせいじゃない? 俺ならそういう場合……』とアドバイスしようとしたら、『あーっ! 思いっきり吐き出してスッキリした』と満足気。

俺の助言なんて求めていないんだ……文句を聞いてほしいだけなら俺じゃなくてもいいんじゃないの…と思ってしまいました」(29歳/IT関連)

ストレスを溜め込んでしまい、ただ話を聞いてほしいと思うこともありますよね。

しかし、心配した彼氏が励まそうとしているのに、ただ日頃の不満をぶちまけたいだけでは幻滅されてしまいます。

もし自分の感情を吐き出したいのなら、一瞬、立ち止まって、彼氏に同じようなことをされたら自分はどう感じるのか、想像してみてくださいね。

また、愚痴を聞いてもらったあとは、「○○くんに話せてよかった」「聞いてもらって助かった」など感謝の気持ちを忘れずに。