5位『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』

先週トップを飾った『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』は5位に。

川原礫の小説『ソードアート・オンライン』シリーズの劇場版アニメーション第2弾は、リブートシリーズ『ソードアート・オンライン プログレッシブ』をベースに、SAO物語の始まりである“アインクラッド編”をヒロインのアスナ視点で描く完全新作アニメーションです。

監督は河野亜矢子が務め、声の出演は松岡禎丞、戸松遥らが続投しています。

4位『そして、バトンは渡された』

先週3位の『そして、バトンは渡された』は4位に。

本屋大賞を受賞した瀬尾まいこ原作の同名小説を、永野芽郁、田中圭、石原さとみの共演で映画化した家族をめぐるヒューマンドラマです。

監督は『ブタがいた教室』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の前田哲。

3位『劇場版 きのう何食べた?』

西島秀俊と内野聖陽が主演を務める『劇場版 きのう何食べた?』は、土日2日間で観客動員10万人、興行収入1億4500万円をあげて初登場3位にランクインです。

よしながふみによる人気コミックを原作にしたTVドラマの劇場版です。共演は山本耕史、磯村勇斗らドラマ版のメンバーに加えて、SixTONESの松村北斗が出演。監督はドラマ版も手掛けた中江和仁です。

あらすじ:弁護士のシロさんとその恋人で美容師のケンジは、日々の出来事を語り合いながら夕食を食べることを日課にしていた。ある日、誕生日を迎えるケンジへのプレゼントとして、シロさんは京都旅行を提案する。だが旅行中、ケンジはシロさんからある話を切り出され……。

2位『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』

人気キャラクター“すみっコぐらし”を題材にした劇場版アニメの第2弾『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』は初登場2位に入りました。

土日2日間で観客動員17万2000人、興行収入2億1100万円を記録。公開初日から3日間の累計は観客動員20万人、興行収入2億5000万円を突破し、前作を上回る好スタートを切りました。

前作に引き続き、井ノ原快彦と本上まなみがナレーションを担当。監督は『夏目友人帳』シリーズを手掛けてきた大森貴弘が務めました。

1位『エターナルズ』

マーベル・スタジオ映画最新作『エターナルズ』が初登場で首位に立ちました。

土日2日間で観客動員18万4000人、興行収入2億9400万円を記録。公開初日から3日間の累計は、観客動員26万5000人、興行収入4億1600万円をあげるヒットスタートになりました。

本作は、『アベンジャーズ エンドゲーム』後の世界を舞台に、宇宙史上最悪の敵・サノスをも凌駕する未曽有の脅威に立ち向かう、10人の新たなヒーローチーム“エターナルズ”の活躍を描く最新作です。

アンジェリーナ・ジョリーをはじめリチャード・マッデンら豪華キャストが出演。監督は『ノマドランド』のクロエ・ジャオ。

あらすじ:地球には、“アベンジャーズ”が誕生するはるか昔から存在し、人類を見守ってきていた“エターナルズ”がいた。ある日、宇宙史上最悪の敵・サノスをも凌駕する未曾有の脅威が人類に襲いかかる。エターナルズはチームを編制し、この危機に立ち向かうが……。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)

1位『エターナルズ』
2位『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』
3位『劇場版 きのう何食べた?』
4位『そして、バトンは渡された』
5位『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』
6位『老後の資金がありません!』
7位『映画トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』
8位『燃えよ剣』
9位『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
10位『リスペクト』

今週末は『アイス・ロード』『映画 妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ワ、ワタクシも〜♪♪』『カオス・ウォーキング』『恋する寄生虫』『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』『サマーゴースト』『皮膚を売った男』『マリグナント 狂暴な悪夢』などが封切られます。