「彼氏の有無を聞いただけで勘違いされたことがあります。

『あの人、私に気があるのかな』って陰で言われてたみたいです。自分も彼女の話をしたいし、恋人のいない女性だと悪いから前もって聞いただけなんですが……。

『彼氏がいる』と分かったら、どんどん恋バナをするタイプです。女心も聞けるし、一石二鳥です」(れんさん・24歳)

「単に、いるかいないか聞きたいだけ。『へぇ、いるんだ』と驚きたいだけです。すみません」(ひろきさん・21歳)

この質問は、かなりの確率で女性を勘違させてしまうパターンですね。

当然ながら「有無を聞かれたあと、彼女の話をしたら彼女持ち」です。彼女の話をしない場合は「彼女はいないけれど好意はある」と判断できるでしょう。

2番目のケースの「単に聞きたいだけ」と言っても、好意はあるのではないでしょうか。「勘違いされてもいいような人に聞く」ということなのかもしれません。