モヤモヤする社内恋愛カップルといえば、彼女の仕事を別の部署にいる彼氏がわざわざ手伝いに来ること。

彼女のほうがいつも残業していて、この間も帰り際にふと部屋を見たら隣の席に彼氏が座っていて、近い距離で笑い合っていました。

本当に仕事をしているのか疑問で、周りでは『残業代とデートが目的では』と言われています。

一度、男性側の上司から『何でいつもあの部署で残っているのか』と確認されたらしく、『残業代の申請はしていないし、大丈夫です』と彼氏が返した、と聞いてびっくりしました。

そういう問題じゃないと思うけれど、本人たちは気にしていないのですよね。

社内恋愛でこういうカップルが今までいなかったこともあり、何となくふたりを敬遠する人が増えてきて。

僕も正直いい気はしなかったので距離を置いていたら、業務でも孤立していったと聞きました。

雰囲気の悪さに気が付いたのか、そのうち彼女が残業をやめてふたりともすぐ帰るようになったけど、こうなったら自分たちが窮屈だよなと思います。

社内恋愛もいいけど、周りの目はもっと気にしたほうがいいし、『残業なしで済むなら最初からそうしろよ』と言われても仕方ないですよね……」(男性/25歳/営業)

残業代を申請していないから彼女の残業に付き合うのは問題がないはず、ではなく、その姿がほかの社員に与えるネガティブな気持ちを想像するのが大切です。

残業とデートを一緒にしていると思ったら、協力する気も失せるのが当然ですよね。

仕事の“私物化”は、結局は孤立を招きます。居づらくなれば困るのは自分たち、という結末をしっかり考えましょう。