恋を自分から手招きする方法4つ

1: 「理想のタイプ」だと伝えてみる

何回か食事に出掛けて、相手と自分の相性がそれほど悪くないということに気づいたら、相手の男性に「理想のタイプ」だと伝えてみましょう。

「理想のタイプ」だと伝えれば、恋愛関係になれるということを直接伝えているようなものなので、男性も告白がしやすくなります。

そのままの流れで「付き合っちゃおう」ということになる可能性もありますね。

2: 一緒にいて楽しいことをアピールする

自分に自信がなくてアプローチをかけられない男性は多くいるものです。一緒にいて楽しい男性には、こちらから「あなたのことをいいと思っている」と伝えてみましょう。このときに、一緒にいて楽しいこともあわせて伝えるとベター。

可能であれば、自分のことをどう思っているか男性にも聞いてみましょう。

印象がいいのかどうかを男性に話させることによって、その思いは男性の中で「伝えた事実」として残ります。その結果、あなたのことをより大切にしようと決めたり、言葉に対して嘘のない行動をしたりするでしょう。

「私のことをどう思ってる?」と聞くことで、男性にドキドキさせる狙いもあります。

3: 恋愛に対する理想像を捨てる

お見合いや友達の男性から紹介されるなど、この世には予期せぬ恋愛のスタートも多くあります。

このとき、恋愛に対する理想像は捨てて、印象が悪くないのであれば「とりあえず付き合ってみる」というのも悪くない方法です。

恋仲になるとデートを重ねるようになり、他の女性より深い関係になります。

男性からのアプローチが心地よかったり、一緒に思い出を重ねるうちに好きになることも十分考えられるので、出会いは大切にしてみましょう。

こちらが心を開いて許容範囲を広げれば、意外とすんなりお付き合いに至ることがあります。

男性と一緒に過ごす時間を多くとることで自分の恋愛観も見えてきます。

まずは具体的に行動すること。その結果を受けて、自分が求める恋愛を具体化することが、出会いに積極的になる方法でしょう。