次は「チクゴイズミ(熊本)のカンパーニュ」。

熊本県菊池市にある「ろのわ」という農家が育てた、有機栽培のチクゴイズミを使用。

「カカオっぽい香りがします。厚く切って食べるのが好きです。肉との相性がいいので、焼肉サンドにしてもおいしいと思います」

北海道産はるゆたかの「パンドミ」。

「そのままでもモッチリ感がありますが、トーストするとカリカリ感が加わります。はるゆたかは、このパンに一番合うと思っています」

耳が香ばしく、歯ごたえもあり、おいしいと思った。白い部分はモチモチしていて、噛むほどに甘みを感じられた。トーストしたら皮がパリパリに。パンドミ好きにおすすめしたい一品。

サンドイッチも数種類作っている

サンドイッチも数種類作っている。そのなかから「アンチョビたまごサンド」を紹介してもらった。

パンは北海道産はるきらりの「フォカッチャ」を使用。

卵サンドは黄身と白身を混ぜて作る。ところが、『チェスト船堀』のは、半熟のゆでた卵がそのままはさんであった。

「卵サンドを作ろうと思うと卵が3〜4個必要。でも、ゆで卵だと1個で十分だし、ボリュームもあります。半熟なので齧ると卵がとろけて、ソースになっておいしいんです」

ビネガーでマリネしたカラシナの酸味、卵の甘み、アンチョビの塩味が口内調味されて、いい塩梅だった。

クリームパンも絶品!

果たしてこれがなにパンかわかるだろうか?

「イタリアにズッパイングレーゼというデザートがあります。それをイメージしたオープンサンドのような『クリームパン』です」

ズッパイングレーゼは、リキュールをしみ込ませたスポンジケーキやビスケットにカスタードクリームなどを重ねたケーキらしい。食べたことがないのでググりました。

西野さんはキタノカオリで作った「リュスティック」にアルケルメス(薬草のリキュール)をしみこませた。それに自家製のカスタードクリームを入れて、その上にキャラメリゼをのせたのだそうだ。

「カスタードクリームが好きなのでクリームパンを作ろうと思いました。でも、クリームをパン生地で包むのが嫌だったので、このスタイルにしました」

注文すると作ってくれる。リキュールなしも頼めるが、崩れやすいのでテイクアウトは不可。店頭ですぐ食べてくれる人限定で販売している。

カスタードクリームが濃厚。甘いパン好きな人なら食べる価値あり。