洋紙発祥の地・北区らしく、「日本製紙クレシア」の箱ティシューや、飛鳥山にある「紙の博物館」のオリジナルスケッチブックセットなどが。

さらに「亀の子束子」の本店も北区の滝野川にあるということで、こちらのたわしやスポンジなどが並んでいます。

さらに、地元で長年愛されているおせんべい屋さん「吾当家(ごとうのか)菓子店」の瓦煎餅や、渋沢栄一関連グッズも!

「吾当家菓子店」は、王子で約100年続く老舗で、今でもご主人が1枚1枚、手焼きで焼き上げているそうです。

昔ながらの素朴な味わいが人気を集めています。

一方の渋沢栄一グッズは、すごろくやかるたなど。

晩年は、王子の飛鳥山に居を構えていたということで、地元から愛されている人物のため、こちらも人気があるそうです。