(4)35周年スタート!「ドリーミング・アップ!」開始、「イッツ・ア・スモールワールド」リニューアル

東京ディズニーリゾート2018年の最大のニュースと言えばやはりこちらでしょう。

東京ディズニーリゾート35周年アニバーサリー「Happiest Celebration! 」が4月15日から華やかに開幕。

新パレード「ドリーミング・アップ!」の開始や、同日からオープンとなった「イッツ・ア・スモールワールド」の大幅リニューアルが話題となりました。

しかし、ここでマニア(いわゆる「Dオタ」=ディズニーヲタク)の中で言われている、イベント開始や最終日等の節目の日は「雨」になる事が多いため、「ミッキー雨男説」を立証するように、この4月15日は猛烈な春の嵐が襲来。

前日から酷い暴風雨になり、強烈な雨と風が吹き荒れる、「波乱の幕開け」となりました。

本来は城前で、華々しく行われる予定であったオープニングセレモニーはワールドバザールの屋根がある場所で行われる事となり、ごく限られた狭いスペースで行われる形となりました。

ちなみに筆者もこの日はミラコスタに前泊し、セレモニーを見るために朝3時近くから並んだのですが、セレモニーはほとんど見えず、「雨男ミッキー説」をひしひしと感じた一日となりました。

(5)「ショー中のカチューシャ」や「頭上にカメラ上げての撮影」「自由な座り方」もOKに?

公式サイトには書かれていない、「衝撃の変化」が2018年春から実施されました。

それは、これまで明確にキャストから「お願い」や「協力」をしていた、ショー中のカチューシャや背の高い帽子、正座、カメラを頭の高さを超えて撮影する…などの方法について、パークが積極的にお願いや協力を依頼する事がなくなりました。

それまでのパークではご承知の通り「撮影するときは頭の高さを超えない」と言う有名なルールの他にも様々な鑑賞ルールがありました。

しかし、2018年春の「ディズニー・イースター」の頃から、それらについて積極的にキャストからお願いや注意をしないと言う事になったのです。

これについては賛否様々な意見がありますが、外国人観光客への対応や、全ての方に対するキャストの周知徹底の難しさなどが背景にあるのかもしれませんね。

なかなか難しい問題ですが、お互いに気を使いながら楽しめるようになるといいですね。