3: 「彼氏ができた」とアピール

「結婚した元彼と再会して、いけないとは思いながら不倫関係になりました。まだ未練があった私がいけないのだけど、受け入れてくれた元彼に最初は感謝していましたね。

でも、よく考えたら奥さんがいるのに元彼と不倫するとか最低だし、一緒にいても先はないし、もうやめようと思って。

でも、“家族を大事にしてね”とLINEしても元彼は『俺は別れたくない』の一点張りで、好きだとか妻とは離婚するとか、調子のいいことを言っては会おうとしていました。

でも、ずるずると会い続けるのが嫌で、思いついたのが『彼氏ができた』と伝えること。嘘だけど、元彼に諦めてもらうにはこれしかないと思いました。

元彼は、『証拠の写真を見せろ』とかしつこく言ってきましたが、『彼氏が好きだからもう会わない』とだけ返していたら、そのうち連絡がやみました。

別れられて良かったけど本当につらかったし、不倫なんてするもんじゃないと今でも苦い気持ちになります」(34歳/総務)

未練のあった元彼との不倫。最初は良かったけれど、恋心を利用されて成り立つ関係だと実感すれば、やめたくなるのが普通です。

既婚の男性にとって、独身女性の「彼氏ができた」は自分が関係を縛れないと知ること。嘘じゃないのかと勘ぐっても、それを通されればこれ以上追いかけられない現実を目の当たりにします。

“まともじゃない関係”を終わらせるには、“まともな存在を選んだ自分“を見せるのが効くのですね。

安易な気持ちではじめられても、いざ関係を終わらせようとすれば簡単にはいかないのが不倫。既婚男に執着されると、私生活まで脅かされることも珍しくありません。

だからこそ、すっぱりと終わらせるなら二度と関わるつもりがない自分を見せることが最優先です。家庭を捨てられない既婚男には、「追いかける現実」を知ってもらうことで執着心を折ることができます。

不倫の代償はいずれ払わされるものと心得て、筋の通らない関係には近づかないのが賢明ですね。