中華料理チェーン「バーミヤン」では2021年3月18日(木)より、中国・西安の屋台メニュー「ビャンビャン麺」と、「海老と菜の花のタワーかた焼そば」などの新メニューを提供しています。

今回登場した『海老と菜の花のタワーかた焼そば』は、高さもあり、ボリューム満点のメニュー。海老と菜の花にかかった豚骨ベースに鶏やホタテのエキスが効いた特製のあんかけは優しい味で食べやすく、お店で揚げたこの商品専用の麺はカリカリ食感を堪能できます。

『ビャンビャン麺』は、自家製の幅広麺と、唐辛子・花椒・八角などをブレンドした刺激的な辛味と旨みのタレが特徴。平たいことを意味する「扁扁(ビェンビェン)」、麺を打つときの「ビャンビャンッ」という音、などの由来がある『ビャンビャン麺』は、麺とタレをよく混ぜて特製醤油ダレで柔らかく仕上げた煮豚とともに楽しむことができます。

「バーミヤン」新メニュー概要

【販売店舗】バーミヤン全店

【販売期間】3月18日(木)〜 6月2日(水)

【メニュー紹介】

『ビャンビャン麺』

■販売価格

【店内】699円(税込769円)

【テイクアウト】699円(税込755円)

【宅配】税込820円

『海老と菜の花のタワーかた焼そば』

■販売価格

【店内】799円(税込879円)

【テイクアウト】799円(税込863円)

【宅配】税込920円

※販売期間は予定。予告なく販売を終了する場合があります。
※一部店舗により販売有無、価格が異なる場合があります。