新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの最終章となる舞台『月とシネマ―The Film on the Moon Cinema―』。

主演の中井貴一さんと作・演出のG2さんによる、旧PARCO劇場の2016年公演『メルシー!おもてなし〜志の輔らくごMIX〜』以来2度目のタッグが実現。

古き良き昭和の香りがただよう映画館を舞台に、笑いをまぶした心温まる人間ドラマが展開する。

稽古も佳境に入る中、中井さんに、作品のこと、久しぶりに立つPARCO劇場への思いなどを伺った。

5年ぶりのPARCO劇場で伝えたかったこと

――中井さんは旧PARCO劇場のクロージング・シリーズ公演『メルシー!おもてなし〜志の輔らくごMIX〜』以来、5年ぶりのPARCO劇場への登場になりますね。『メルシー!〜』に続いてのG2さんとの舞台作りに期待がかかります。

昨年1月のオープニング・シリーズのお披露目の時に、たぶん僕たちのこの公演だけ、内容が決まっていなかったと思います。

そこから「どういうものにしようか」とG2さんと打ち合わせをしていきました。でも世の中の状況がどんどん悪くなっていって…。

僕自身は、ウイルスが怖いのではなく、ウイルスによって人間の心が殺伐とすることが一番怖い、と感じていたんですね。

僕らが今、演劇で何が出来るのかを考えた時に、自分たちのやりたいことだけをやるのではなく、人の心を殺伐とさせない何かを…、1時間でも2時間でもいいから、心を動かす何かを作れないか、そんな気持ちが強くあったんです。

G2さんに「体全体がホワ〜っと温かくなって、よかったね〜と思う、そんな作品が作りたい」という話をして。ジワ〜っと何かに包まれて劇場を出る、そんな作品を今回はとくにやりたい。そう話したら、G2さんが今回の企画を考えてくださいました。

昭和という時代のノスタルジックな匂いがする映画館を舞台にしたお話。

何だか最近よく「昭和ってよかったですね」って言われるんだけど、確かに振り返ってみると、いろんなものが良い意味で緩い時代でした(笑)。

緩かったためにダメだったところもあったけれど、その緩さに人が救われたところも実はたくさんあったと思うんです。

その緩さみたいなものを、昭和の映画館を舞台にした物語から発信できないかな、ということで話がまとまりました。

――コミカルでありミステリータッチにも感じられる展開から、家族の存在、人と人との繋がりといったテーマが浮かび上がる作品ですね。

テーマに関してはまだこれから稽古で立体化していくことで、もっと削ぎ落とされてクリアになっていけばいいなと思っています。

僕としてはやっぱり今の世の中の空気、その影響が大きいと感じていて。

令和に入ってから、「国は何をしてくれる?」と多くの人が言うようになった。

国家が国民を守るのは当たり前、それはそうかもしれないけれど、そんなものなのかな…と。

もっと主体的に、自分たちで自分たちの命を守ろうと思うことが普通じゃないか、僕はそんな気がするんです。

国があって国民がいるんじゃなく、国民がいるから国家があるという考え方に変えていかなきゃいけないだろうと。

社会を構成しているのは、それぞれの家族ですよね。家族という単位が大事なんだってことを、ここ3年くらいずっと思っていて。

家族を描く時に、作劇の場合、幸せな家族の話よりも、何か葛藤を抱えているそれぞれの家族がそこに存在していく、それが大事かなと。

今回のホンは、役者が呼吸を入れることでどんどん膨らんでくれるんじゃないかと思っています。