子どもの集中力や、好きなことへの探求心を育むといわれる「モンテッソーリ教育」では、特に“指先を使うおもちゃ”が効果的とされます。

今回は、Amazonでも比較的リーズナブルな3つのおもちゃを購入してみました。

デザイン、価格、遊びやすさを徹底レビューします!

モンテッソーリ教育とは?

近年、メディアでもよく取り上げられる「モンテッソーリ教育」。大人の手を借りず、自分だけで何かをやりたいという力を伸ばす教育法で、棋士の藤井聡太さんが受けたことでも話題となりました。

子どもの発達段階によってさまざまな専用教具がありますが、そのなかでも、決められた型の中にパズルをはめていく「型はめパズル」は指先を使い、子どもの集中力を伸ばすのに効果的です。

今回は、Amazonで3つの「型はめパズル」を購入してみました。

子どものモンテッソーリ教育に!3つの「型はめパズル」レビュー

Aning 幾何学型型はめパズル

まずは「Aning 幾何学型型はめパズル」をご紹介。幾何学模様のブロックを棒に挿して遊ぶおもちゃです。

シンプルな分、さまざまな遊び方に応用できそうです。

価格

価格はAmazonで1,380円と、比較的リーズナブルに購入できます。

本格的なモンテッソーリ教具だと10,000円を超えるものもあるので、そう考えるとかなり低価格ということがわかります。

安いだけあって、説明書が中国語だったりすこし作りが雑だったりはしますが、しっかり遊べるので問題はありません。

デザイン

丸、長方形、三角、四角のパズルにそれぞれ穴が1〜4つ空いていて、棒に挿して遊べます。

頭と指先を使わないと、それぞれ対応する棒に挿せないので、集中力の強化になります。

色も赤、黄色、青、緑とカラフルな色使いで色彩感覚を育めるほか、同じ色の図形を揃える遊びもできます。

遊びやすさ

棒に図形のパズルを挿して遊ぶほか、色合わせ、積み木遊び、数の勉強など一つでさまざまな遊びができます。

子どもの手のひらサイズのブロックなので掴みやすく、ある程度の大きさがあるため誤飲の心配もありません。

ブロックを棒に挿してしまえばバラバラにならず、きれいに保管できるのもありがたいと感じました。