5月21日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて行われたGLAY 4ヶ月連続配信ライブ第3弾「GLAY THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK LIFETIME MUSIC」が、5月29日に配信された。

今回のライブはJIRO(Ba.)が作曲した楽曲のみで構成され、ライブプロデュースもJIROが担当。

感染予防を徹底した上で、彼らにとって今年初となる有観客ライブとなった。

ロックバンド“GLAY”としての想いをぶつける

GLAYが今年発表したテーマ「THE ENTERTAINMENT STRIKES(エンターテイメントの逆襲)」の名の下、半年ぶりとなるファンとの再会ライブが始まった。

1曲目は「MUSIC LIFE」。

デビュー20周年に向け、初めて亀田誠治と組んだ13枚目のアルバム『MUSIC LIFE』に収録された、GLAYの中でも重要なアルバムのタイトル曲の壮大なサウンドで幕が上がる。

TERUの「行くぜ渋谷」というファンがいるからこその掛け声が、半年ぶりの再会の重さを感じさせてくれた。

続いては「ビリビリクラッシュメン」が披露され、ヘビーなギターリフと共にメンバーから発せられる熱気で会場のボルテージは上昇。

その勢いのまま強烈なスネアロールから始まる「absolute“ZERO”」へ。

サビではいつも以上にTAKURO、HISASHI、JIROが強くコーラスをする姿が印象的だ。

曲が終わるとTERUは「皆さんお元気そうで何よりです。元々ここは渋谷公会堂で、凄くデビュー当時を思い出しました」とステージから見るLINE CUBE SHIBUYAへの思いを語り、「声は出せないですが手拍子などしながら心から楽しんで行って下さい。僕らは音楽が生き甲斐で、ないと生きていけません!」と「THE ENTERTAINMENT STRIKES(エンターテイメントの逆襲)」に込められた想いとも取れるロックバンドGLAYとしての想いをぶつけた。