おもちゃや絵本が常に散乱しがちな子ども部屋。

インスタグラムでおしゃれな子ども部屋の写真を見ては「うちもこんなにかわいい空間にしたいなあ」と思う方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ホームセンター・カインズの「インテリアテント」です。

マンネリ化したおうち時間を楽しくしてくれるだけでなく、リーズナブルで簡単に、憧れの「おしゃれな部屋」になっちゃいますよ!

今回はそんなカインズのインテリアテントを実際に購入し、使用感をレビューします。

カインズのおしゃれな「インテリアテント」徹底レビュー!

カインズ インテリアテント ティピー専用カバー ¥3,980

カインズではインテリアテントの専用カバー、ポール、マットが別売りになっています。

カバーだけではテントを作ることはできないので、事前によく確認してくださいね。

今回は一番シンプルな生成りのものを選びました。

ほかにもオンラインストアや店舗ではポップなスター柄や、マリンテイストのカバーなどがあります。

柄によって値段も違うので、予算やお部屋のテイストに合わせて選んでみてくださいね。

カインズ インテリアテント ティピー専用ポール ¥1,980

続いて必須なのが、ティピー専用ポールです。穴の空いた木製の棒が4本、空いてないものが同じく4本、プラスチックのパーツが4つ入っていました。

かわいいカバーがあっても、別売りのポールがないと組み立てられないので注意!

他にもカインズではインテリアテント専用のマットや、飾り付けに活躍しそうなガーランドも売っていましたよ。

一度に揃えてしまっても良さそうです。

インテリアテントを組み立ててみた

パッケージにはおしゃれなテントの写真がありますが、本当にこのように組み立てられるのでしょうか。

専用ポールのパッケージ裏にイラスト付きで組み立て方が載っていたので、こちらを参考に挑戦してみました。

1. ポールをつなげる

穴の空いたポールと空いていないポールをパーツで繋ぎ、4本の長い棒を作ります。

2. カバーにポールを差し込む

カバーにはもともと穴が空いているため、そこにできたポールを差し込みます。(穴が空いている方が上になるように注意!)

3. 四方へ均一に広げる

ポールが固定されていないのでまだぐらぐらしますが、一度カバーを広げテントを立てます。

4. カバー上部にある紐をポールの穴へ順に通す

ここが一番の難関です。説明書にわかりやすいイラストがあるのでじっくり読みましょう。

5. 紐を巻き付け、縛って固定する

6. 完成!