乃木坂46が『真夏の全国ツアー2021』福岡公演を8月21日にマリンメッセ福岡にて開催した。

ライブ生配信も行われた本公演は、グループ結成日2011年8月21日から丸10年という事で10周年を記念したメモリアル公演となった。

乃木坂46にとって約2年ぶりの福岡公演

「スカイダイビング」から幕開けとなったライブは「ロマンスのスタート」「サヨナラStay with me」と軽快なサウンドを立て続けに披露し、23rdシングル「Sing Out!」で冒頭ブロックを締め括った。

乃木坂46の福岡公演は、2019年福岡ヤフオク!ドーム(現:福岡PayPayドーム)以来、約2年ぶりの開催となり、また乃木坂46にとって初のマリンメッセ福岡での公演となった。

キャプテン・秋元真夏が「本日はグループ結成10周年の誕生日です!おめでとう!」とコールすると、メンバーにまつわるプレートがたくさん置かれた大きなケーキが登場。

「私が独唱で歌わせて頂きますね。」と生田絵梨花が圧巻の歌唱力でハッピーバースデーを披露。

また翌日の福岡公演が最後のライブとなる大園桃子は、「この2日間、たくさんの感謝を皆さんにお届けできるよう頑張ります!」と抱負を語った。

中盤では、ユニット曲・アンダー曲・期別曲など、バリエーションにとんだ楽曲を披露。

9月22日に発売される28thシングルのセンターを務める賀喜遥香は、自身がセンターを務める4期生曲「I see…」で躍動。2年前よりも遥かに成長した姿を福岡の地で輝かせた。

そして終盤では、選抜曲を中心に披露。「乃木坂46は本日10周年を迎えました。このグループに私はまだ貢献できていないし、頼ってばかりいますが、この楽曲を通じて覚悟を持つ事が出来ました。」と遠藤さくらが熱く語り、27thシングル「ごめんねFingers crossed」で本編を締め括った。