成城石井の人気“やみつきベーグル”をおいしくアレンジ♪

今回はベーグルが大好きな筆者が、成城石井で購入できる「ジュノエスクベーグル」を食べ比べ!

さらに、成城石井の食材を使った、おすすめの食べ方や、アレンジなどもご紹介します。

スイーツ系からお惣菜系まで、幅広くアレンジできるベーグルの可能性を、楽しんでみてくださいね!

ジュノエスクベーグルとは?

ジュノエスクベーグルは、添加物不使用の、体にやさしいベーグルです。

例えば、プレーンベーグルの原材料は、国産小麦、きび砂糖、食塩、パン酵母のみで、いたってシンプル。

よくスーパーなどで売っているパンは、添加物が何種類も含まれているので、その点成城石井のベーグルは安心です。

1袋に2つ入っていて、お値段は、305〜365円。1つ170円前後と考えると、お手頃価格といえそうです。

味は、プレーン、ミックスベリー、米粉とくるみ、ほうれん草、胚芽全粒粉の5種類です。

ひとつひとつのベーグルが、大きくてボリュームがあるので、食べない分は、ラップで包んで冷凍庫に入れておくと長く持ちます。

プレーンベーグル 305円

【成城石井 プレーンベーグル】ひとつひとつ、厚みがあります

まずはシンプルなプレーンベーグルをご紹介します。

袋をあけると小麦のいい香りがして、期待が高まります。

かなりずっしりとしていて、横から見ると、思っていたよりも分厚くて驚きました。

表面はつやつやで、中はむぎゅっとした、食べ応えあるベーグルです。

お惣菜を挟んで和風ベーグルに変身?!

今回は、3種ナッツとクランベリーの南瓜サラダ(399円)と組み合わせてみました。

成城石井のお惣菜は、保存料、合成着色料、合成甘味料が使われていないので安心です。

なめらかな南瓜サラダに、ナッツとクランベリーがたっぷり混ざっています。

これだけでもかなり食べ応えがありますが、今回はベーグルに挟んでみました。

切ってみると、他のベーグルよりもキメが細かいことがわかりました。

一段ともっちりとして柔らかいです。

南瓜サラダにはマヨネーズが入っているので、パンとの相性もばっちり。

サンドすると、ボリュームが増えてかなり食べ応えがあります。

ベーグル半分でもじゅうぶん満足感がありました。