全国映画動員ランキング発表!(9/25-9/26)

興行通信社から9月25日(土)、26日(日)の全国映画動員ランキングが発表されました。

田中圭と中谷美紀が夫婦役を演じた『総理の夫』など新作3本がランクインしています。

先週のTOP3は1位『マスカレード・ナイト』、2位『竜とそばかすの姫』、3位『劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編』でした。今週の動員ランキングは、どのように変動したのでしょうか?さっそく10位から発表していきます。

10位『MINAMATAーミナマター』

ジョニー・デップが主演と製作を務めた『MINAMATAーミナマター』が初登場10位にランクインです。

日本の公害病“水俣病”を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスと当時の妻が1975年に発表した写真集『MINAMATA』をモチーフに、その半生を映画化。

共演は真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信ら。監督はアンドリュー・レヴィタス。音楽を坂本龍一が手がけました。

あらすじ:1971年、ニューヨーク。ユージン・スミスはアメリカ有数の写真家として名を馳せたが、今は酒浸りの毎日を送っていた。そんな時、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市でチッソ工場からでている有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。

9位『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』

赤坂アカの人気コミックスを平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈で実写化映画化するラブコメ第2弾です。

前作で決着のつかなかった白銀御行と四宮かぐやによる恋愛頭脳戦の決着が描かれます。

佐野勇斗、浅川梨奈、堀田真由らが前作から続投するほか、新キャストとして影山優佳(日向坂46)、福原遥らも参加。監督は前作に引き続き河合勇人が務めました。

8位『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らしていたシャン・チーが、自身の運命と、世界を脅かそうとする父親に立ち向かっていく姿が描かれます。

最強の武術を身につけるも優しすぎるゆえに自ら戦うことを禁じたシャン・チーを演じるのはシム・リウ。

共演はトニー・レオン、ミシェル・ヨーら。監督は『ショート・ターム』『黒い司法 0%からの奇跡』などを手がけたデスティン・ダニエル・クレットンです。

7位『東京リベンジャーズ』

北村匠海が主演するSF青春ヤンキー・アクション映画『東京リベンジャーズ』は、公開12週目に入り、先週9位からジャンプアップ。

累計では観客動員328万人、興行収入43億円を突破しました。

北村匠海のほか、吉沢亮、山田裕貴、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗らが出演。監督は実写映画『映像研には手を出すな!』の英勉です。

6位『空白』

古田新太が主演を務めるヒューマン・サスペンス『空白』が初登場6位にランクインです。

『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』などの吉田恵輔がオリジナル脚本・監督を担当。

万引きを疑われ、追いかけれた末に交通事故死した女子中学生の父親が、娘の嫌疑を晴らそうと動くうちに、モンスター化していく様子を描きます。

古田新太が父親役を怪演し、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼らと共演しました。

あらすじ:中学生の花音がスーパーで万引きを疑われ、店長に追いかけられ、道路に飛び出し轢死してしまう。花音の父である充は娘のことに無関心であったが、これをきっかけにせめて娘の無実を証明しようとする。そして、充はスーパーの店長・直人を激しく追及するが……。