マスクをした状態で、外で子どもと鬼ごっこをしたりして遊んでいると、息苦しさを感じずにはいられませんよね。

コロナ禍までは、運動時にマスクを着用することがない生活を送っていた人がほとんどでしょうし、そもそもマスク自体、運動時の着用を想定して作っていないものがほとんどだったでしょう。

そのため、激しい活動時における「暑い・蒸れる・息苦しい」という3重苦に悩まされている方は少なくありません。

そこで今回は、ウォーキングやお散歩などの軽い運動から、ランニングやトレーニングなどの激しい運動時まで使える、「涼しい・蒸れない・息苦しくない」優秀マスクをご紹介します!

涼しい・蒸れない・息苦しくない!運動時にもおすすめの優秀マスク

日本製!「アクティフ マスク」

日本のアパレルメーカー『Miluck』が製造を手掛ける『アクティフ マスク』。ポリウレタン・ポリエステル製の、いわゆるウレタンマスクで、立体構造型です。

『抗菌(銀イオン)』『消臭』『吸水』『速乾』『UVカット』『軽量』など多機能で、着用していてそれらを実感できるのが魅力!

一袋二枚入りで、価格は税込1,320円。一枚当たり660円という安価かつ、繰り返し洗濯して使用可能なので、コストパフォーマンスがとにかく良いんです。

特に推しポイントは、耐久性。筆者が発売当初に購入し検証したところ、四枚をローテーションして一年間、買い替え不要の綺麗な状態で使用し続けることができました。

ウレタンマスクといえば、使い続けるにつれてピリング(毛玉)が目立ってくるものですが、この「アクティフ マスク」のピリングの出にくさは際立っていました。

運動時に顔に汗をかいたりするでしょうし、こまめにかえて清潔に保ちたいという方もいるでしょうから、耐久性の高さは、かなりの魅力です。

うれしい「接触冷感機能」も!

真夏でなくても激しく動けば動くほど、マスクの中が暑くなってたまらないものですよね。

アクティフマスクには『接触冷感』機能もあり、これがまた優秀なんです。

着けた瞬間のひんやり感はもちろんですが、着用し続けている中でもマスクの中が火照ったりということがなく、とっても快適!

運動時に火照るとモチベーションが下がったり、活動量にも影響が出たりしますので、着け心地が終始快適というのもまた、屋内外での活動シーンに最適なポイントです。