独身の男女が将来に対して不安を抱いていることといえば、「結婚」と「お金」ではないでしょうか。

「結婚」と「お金」にも関係し、もし自分が将来おひとりさまの道を選んだ場合、気になることの1つに「住宅」があります。将来的な住宅の選択肢としては「持ち家」や「賃貸」、場合によっては「実家」ということもあるでしょう。

そんな中、近年都市部を中心に急増しているのが、単身で分譲マンションや戸建てを買うアラサー・アラフォー世代です。

単身でマンションや戸建てを買う人は、さぞかしエリートサラリーマンやバリバリのキャリアウーマンのような高収入の人ばかりかと思いきや、意外にも年収200万円台の契約社員や派遣社員もいます。

年収200万円でも住宅ローンは借りられるのでしょうか。

今回は、ARUHIが発表したデータをもとに、おひとりさまの住宅ローンの実態についてと、注意すべき点について宅建士の筆者がご紹介したいと思います。

ローン契約者の4分の1は派遣・パート・契約社員

住宅ローンを借りられる人として最初にあがるのが「会社員や公務員」です。正規雇用の人は年収の見込みがあるためローンが借りやすいということは、誰もが認識していることでしょう。特に大企業勤務者、公務員の人は借りやすいと言えますね。

では、派遣やパート、期間限定の契約社員はどうでしょうか。「それは無理でしょ!」と思う人も多いでしょうが、現実は意外でした。

このたび、住宅ローン専門の金融機関であるARUHIが発表した「単身女性の住宅ローン利用状況調査」の結果によると、約4分の1が派遣やパート、契約社員であることが明らかになりました。

しかも借入時の年収を見てみると、200万円台〜400万円台に集中していることから、低所得だからローンが組めないということはないようです。

これはあくまでも単身女性のデータですが、低所得の男性にとっても十分参考になるデータと言えます。

この調査結果が、低所得のため将来おひとりさまになるかもしれないと思っている人を元気づける結果となっているのではないでしょうか。