おうち時間が増え、家事の負担が大きくなっていませんか?

家族みんなが家事に協力してくれれば、なおいいですよね。そんなときの解決策のひとつが「家電を買い換える」こと。

今回は、ママの負担が減り、家族が進んで家事をするようになるかもしれない最新家電を2つご紹介します。

家族が積極的に家事をするようになる!?「最新家電」2種

軽量&毎回ゴミ捨て不要!パナソニックの「新型コードレス掃除機」

掃除機をかけるのって、なぜか億劫なときってありますよね。掃除機を出してきて、床の上に掃除機をかけ、ダストボックスからゴミを出して捨てる、そして掃除機をまたしまうという工程は、意外に労力がかかるものです。

そんな負担を解決するのがスティック掃除機ですが、パナソニックから2021年10月25日に発売した新型コードレス掃除機「MC-NS10K」は、さらに負担が少ないスティック掃除機なんです。

「MC-NS10K」の特長

・掃除機のごみを自動で収集する「クリーンドック」搭載!スティック本体のごみ捨てが不要に。

・ワンステップで取り出し&充電が可能。

・クリーンドックには「ナノイーX」搭載で、集めたごみを除菌・脱臭

従来のスティック掃除機についていたダストボックスを切り離し、充電台に内蔵したセパレートデザイン。掃除中の手元は重量0.45kgで楽に操作ができます。

スティックで吸ったごみは、掃除後に本体に戻すとクリーンドック内に自動で収集され、ナノイーXによって除菌・脱臭してくれます。

クリーンドックには、約50日分のごみを溜められる容積があり、交換頻度は1か月以上。ごみに直接触れることなく、ほこりも舞い上がらず、紙パックを交換するだけでお手入れが可能なのはありがたいですね。