King & Princeの神宮寺勇太が主演を務める舞台「『葵上』『弱法師』−『近代能楽集』より−」の公開ゲネプロ及び取材会が11月8日(月)、東京グローブ座で行われ、神宮寺と共演する中山美穂、演出の宮田慶子が意気込みを語った。

舞台単独初主演&初ストレートプレイ

三島由紀夫による全八編の短編戯曲集「近代能楽集」より「葵上」と「弱法師」を連続上演する本公演。

神宮寺は「葵上」で美貌の青年・若林光役、「弱法師」では、戦火で視力を失った20歳の青年・俊徳役、中山は「葵上」で光のかつての恋人・六条康子役、「弱法師」では親権争いに巻き込まれる俊徳を救おうとする調停委員・桜間級子役を演じる。

舞台単独初主演&初ストレートプレイとなる神宮寺は「ぜひ足先から頭の先まで、見ていただければ」と声を弾ませる一方、「稽古中は皆さんにご迷惑をたくさんかけた。支えていただき、レベルアップできたし、ひとりでは立ち向かえない、大きな壁という印象だった」と2作品での難役に悪戦苦闘も。

それでも「宮田さんから『役を食べちゃえ』とアドバイスをいただいて。役を自分の中に落とし込んで、発するんだと気づき、新鮮だった」と自身を奮起させた言葉を明かした。

ワンシチュエーションの会話劇ゆえ、セリフも膨大となり「覚えられる自信がなかった。夜も眠れなかったです」とも。

「家じゃないと集中できないので、ひたすら台本を声に出して読んだ」と振り返り、「岸(優太)くんは『神宮寺ならできる』と言ってくれた。心強かった」と感謝の言葉。「メンバーみんな、絶対に見に来ると思います」と期待していた。