2036年の東京・渋谷を舞台に、デジタル社会となった世の中の底辺で生きる若者の日々を描いたHuluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』(全6話)が11月26日より配信となる。

主人公は元気とバカが売りの“WeTuber”「正義マン」として活動するミツル(金子大地)とカケル(醍醐虎汰朗)。孤児として育ち、学もお金もない二人は、ある日、マネキンを抱えた挙動不審な男性、通称“マネキンおじさん”に出会い、その動画を投稿したことで再生数をアップさせる。それから、視聴者からさまざまな依頼が届くようになり、人気も高まるが、同時に不可解な事件に巻き込まれていく。

基本ベースはコメディで、「未来にこんなものがあったら」と想像するものが当たり前にある世界での物語は、単純に観ていて面白い。だが一方で、デジタル社会の中での“人間”の在り方を問う場面もあり、興味深いという意味での面白さも与えてくれる。

さらに、物語が二人のYouTube番組の配信の中で進んでいくため、俳優たちは常に画面の向こう側の視聴者を意識していて、観ているこちらも常にYouTubeを観ているような感覚になる。

いろんな意味で斬新な手法で作られた本作に、金子と醍醐がどのように挑んでいたのか。お互いのことを「好き」と明言する二人に、それぞれの魅力などに触れつつ、語ってもらった。

1シーン一発撮り、長回しでスマホ撮影の斬新な映像作品

――本作に出演する際に惹かれたポイントはどこでしたか?

金子:ワンカットで、しかもスマホで撮影する、というのが初めてだったので、まずそこが楽しみでした。実際にやってみると、スムーズなときはホントに早く終わりますし、逆にちょっと上手くいかないときはものすごく時間がかかる。1シーンを長回しで一発で撮るからこその良さと難しさを感じました。

醍醐:僕もワンカットとスマホでの撮影は楽しみでした。あとは瞬間移動です。

金子:好きだね、瞬間移動(笑)。

――実際はゆっくり動いているのに、カメラのスピードで速く動いているように見せる手法ですよね。

醍醐:(冗談で)いや、違いますよ。ホントに瞬間移動しています(笑)。

金子:でも、(実際に醍醐は)ものすごく運動神経がいいんです。壁を走るというようなことも出来てました。

醍醐:体を動かすのは得意なんです。

――今回、脚本と出来上がった映像との両方を見させていただいたのですが、意外と脚本に書いてることは少ないな、と感じました。例えば、“正義マンポーズ”はどうやって決めたのかな?とか。

金子:実は正義マンのポーズは7パターンくらいあったんですが、覚えるのが難しかったのでその日のノリでやらせていただきました(笑)。

醍醐:あははは(笑)。ホントにノリでした。このシーンは“正義マンポーズ4”とかって決められてはいたんですけど、大地くんがずっと同じポーズをするから、僕もそれに合わせました。ミツルマンが先にポーズを決めるので、僕はいつも「何をやるんだろう?」って(笑)。

金子:ホント(撮影が)楽しかったよね。

醍醐:楽しかったです。大地くんと仲良くなれて良かったです。

――お二人は以前、ドラマ『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京)でも共演していますよね。

醍醐:でも一緒のシーンはほとんどなかったので。

――では、今回の共演で気付いたお互いの魅力を教えてもらえますか?

金子:(醍醐は)ホントに気持ちがいいくらい良い人なので、好きです(笑)。役者としては頭がやわらかくて、感覚的なセンスに長けています。僕が何度か聞いてようやく理解するようなことも、一回で理解していて、「すごいな」と思いました。

年齢は僕より下ですが、頼れる存在で、何度も助けてもらいました。(醍醐に向かって)ホントにいろいろ迷惑をかけてごめんね。

醍醐:いやいや、何の迷惑もかけられてないですよ。

金子:こういう返しも優しいです。

――醍醐さんが金子さんについて気づいたことは?

醍醐:いい匂いがする。ミルクの匂い。それに気付きました(笑)。

金子:それ、メイクさんとか、他の現場でもよく言われるんですけど……そのエピソードいる?(笑)

醍醐:あははは(笑)。

――残念ながら視聴者の方には伝わらないかと(笑)。

金子:そうだよ、全く伝わらないよ。

醍醐:(笑)。あとは“男・金子大地”ってところです。弱々しいところがゼロなんです。僕もどちらかと言うと、中性的というよりは男っぽい方なので、大地くんとは一緒にいて楽でした。取り繕わないでいられるというか。家で料理をするときはフライパンで作って、そのまま食べるらしいです。

金子:部屋にテーブルがないので基本的に立ち食いなんです(苦笑)。フライパンで作って、その場で食べて洗っています。めんどくさがりなので洗い物を増やしたくないんです。

――機能的と言うか……。

金子:未来的?(笑)

醍醐:(即座に)いや、未来ではないです。逆にいろいろ進化しているものを使ってないですから(笑)。でも、そういうところが僕はとっても好きです。

お芝居のことで言うと、さっき大地くんは僕のことを褒めてくれましたけど、僕からしたらあのミツルという難しいキャラクターを成立させた大地くんはすごいと思います。

本来の大地くんとミツルとはかけ離れているけど、かといってやり過ぎてもダメだったり。今回、フェイクドキュメンタリーという手法で撮っているので、基本はナチュラルでなくてはいけないんですけど、ナチュラルにし過ぎるとキャラとして立たなくなってしまったり。

そこのあんばいは正解が少ないだろうな、と思っていたら、大地くんは撮影初日からバチンと決めてきてました。そのおかげで、僕は大地くんが作ってきたミツルに合わせていこう、というスタンスでやることができました。