SNSで人気!「無印良品のレトルトカレー」5品

1980年12月に西友のプライベートブランドとして生まれた「無印良品」は、現在7000品目を超える商品を展開し、日本のみならず世界各地に店舗を構える人気ブランドです。

そんな無印良品には、家具や衣類、文房具、食品など、さまざまな商品が揃っています。

その多種多様な商品群の中から、本稿では「SNSで話題沸騰中」の「レトルトカレー」5品をご紹介。

すべて化学調味料・合成着色料・香料不使用という、レトルト食品だからといって決して侮れない高品質なカレーですよ。

素材を生かしたジビエのカレー 鹿肉とマッシュルームのカレー 180g 450円

まずは、今年10月に登場した新作レトルトカレーのひとつ「素材を生かしたジビエのカレー 鹿肉とマッシュルームのカレー」をご紹介しましょう。

SNS上で「ジビエカレーなんて家ではなかなか作れない」と話題になっている商品です。

国産鹿肉のひき肉や、タマネギとニンジンの野菜ソテー、マッシュルームといった具材を、赤ワイン、トマト、リンゴなどと一緒に煮込んだ欧風カレーで、辛さは中辛程度。

スパイス感よりも素材のコクが強調された、マイルドな味わいに仕上がっています。鹿肉は牛肉や豚肉に比べて、カロリーや脂質が少ないところも見逃せませんね。

一般的にジビエの肉には、独特の臭みがあるというイメージがありますが、本品の鹿肉は臭みがほとんど感じられません。

SNSでも「鹿肉の臭みがなくて、おいしかった」といったコメントが多く見られました。ジビエの肉にちょっと抵抗がある方も、一度試してみてはいかがでしょうか。