自分の容姿に自信がないため、自分はモテない。一生独身のままなんだ……。そんなコンプレックスを抱いている男女は少なくありません。

ですが、世の中には「美人は三日で飽きる」ということわざが存在し、“イケメンと非美人”という一見釣り合ってない男女カップルから、なぜか顔は不細工にもかかわらず女性にモテるという男性が多く見られます。

では一体、男女がモテる本当の理由はどこにあるのでしょうか? そこで今回は、誰が見ても美人なのに、どうしてあの人には恋人ができないのか。たとえ美男美女であっても、こんな奴は相手から避けられるNGな言動も交えながら、非美人でも恋人を作れる秘訣をご紹介します。

美人や非美人にまつわる恋愛エピソード

非美人だからといって、悲観することはありません。反対に、自分は美人だからと、こんな行動を取っていては相手に嫌われてしまう可能性があります。実際に、筆者の周りにいる男女に、美人と非美人にまつわる恋愛エピソードをリサーチしてみたのでご紹介しましょう。

●その1:美人が三日で飽きるのは本当!
「昨年、入社してきた女性が、新垣結衣似の美人ですごくタイプでした。すぐにメールアドレスと電話番号を交換して、デートに誘ったんですが……。彼女が『こんな安いところでご飯食べるの?』と高飛車な物言いをしてきて、思わずカチン。思った以上に、プライドが高くて幻滅しました。ちなみに、いまの俺は、ちょっと不細工だけど愛想も良くて、性格もいい彼女と同棲しています」(31歳/広告)

いくらルックスが女優並でも、性格や物言いがきついと相手から敬遠されてしまいますよね……。もちろん、「美人で性格もいい相手が、一番!」というのが人の本音でしょうが、なかなかそのような人に出会えないのが世の中の難しいところです。

エピソードにもあるように、たとえ少しくらい非美人な女性であっても、笑顔が素敵で、誰にでも隔てなく付き合える相手であった方が男性には好かれます(男性の場合も同様に)。日頃の自分の態度がどんなものか、今一度注意したいですね。

photo credit: 1Q78 via photopincc

●その2:モテる人は意外と普通な人?
「職場の友人が社内でもモテる、と評判の男性と付き合っています。彼はイケメンでもないのに、『どうして、そんなに人気なんだろう?』と私なりに分析してみたら……。彼の場合、その場の流れの勢いで行動しない。でしゃばらないけど、必要なことはハッキリと明言する。仕事はそつなくこなして、見た目も不清潔ではない程度に清潔感がある、といった感じでしょうか。どれも、一見なんてことないポイントですが、そんな当たり前のことができるところが、女性にモテている秘密なのかもしれません」(30歳/医療)

なるほど、たしかに一理ありそうです。自分の意見を持たず、ただ周りの反応に流されてしまって、なおかつ口が軽い。そんな相手では、「この人と付き合っていて大丈夫かな……?」と特に女性であれば、彼との将来に不安を抱いてしまいますよね。

その一方で、仕事ができる相手は男女問わず魅力的に映りますし、健康的でファッションにも気にかける相手であれば、より異性として素敵に見えるのは言うまでもありません。案外、モテる人というのは、“常識的な行動ができる”普通の人で、それでいて陰で“自分磨きを怠っていない”人のことを指すのかもしれませんね。

●その3:ひねくれ者やコミュニケーション不足者はNG!
「私とひとつ上の先輩が、高学歴・高身長のイケメンです。出会った当初は、そのルックスに目を奪われていたんですが、次第にちょっと取っつきにくい性格だと分かりました。たとえば、『アイツのせいで仕事が遅れた』とか、『俺の給料が上がらないのは、上司の見る目がないからだ』とか……。とにかく人の悪口や、自虐的な発言が多いんですよね。黙っていればイケメンなのに、はたから見ていてちょっと残念でした」(28歳/IT)

美人にしろ、非美人にしろ、ネガティブな発言をする相手とは、一緒にいたところであまり楽しくはないですよね……。あるいは、個人の性格に難がないにしても、周りとのコミュニケーションが上手く取れていないと、人は寄ってきません。

人間というのは不思議なもので、「この人のことが好きだ」と思う相手には、おのずとその気持ちが伝わり、対人関係においても円滑に物事が進むようになります(逆もまたしかりです)。なので、異性から好かれている(=モテている)人とは、そんな“周囲との人間関係”をちゃんと築けている人なのかもしれません。


photo credit: Umang Dutt via photopincc

●その4:美人は減点法で、非美人は加点法?
「俺がいま付き合っている彼女は、お世辞にも美人とは言いがたい相手。でも、聞き上手なうえに、いつも笑顔でいてくれるおかげで、仕事でミスしたときや落ち込んでいるとき、とても励みになります。俺が思うに、美人はチヤホヤされているイメージが強いので、付き合えたところで大変そう……。その点、不細工とはいっては失礼ですが、非美人の方がなんら気兼ねなく付き合えることができるので、楽だと思います」(29歳/販売)

必ずしもすべての美人が減点法で、非美人は加点法になるとは限りませんが……。初対面の印象があまりに美人(=イケメン)で、高学歴で年収もあって、といった非の打ち所がなかった場合。いざ付き合い出すと、あたかも減点法のように相手の嫌な部分が見えてきてしまうのは、たしかに美人の損なところと言えるのかもしれません。

反対に、相手が非美人であった場合。正直、初対面で美人のような期待は持たれなくても、徐々に自分という人間性が加点法のように知ってもらえることで、異性としての魅力も高まりやすいのが、非美人の特徴と言えるのかもしれません。あくまでも心理的なテクニックですが、美人・非美人の方は抑えておいて損ではないのでしょうか。

美人だからとあぐらをかかず、非美人だと卑屈にならない

美人やイケメンだと、そのルックスの良さから人が寄ってくるのは当たり前。ですが、中身が伴っていなければ、どんな相手だろうと幻滅してします。また、人によっては「美人さんは、苦手……」という方もいますので、非美人だからと卑屈になる必要は一切ありません。むしろ、「自分なんて……」というひと言が、気づかぬうちにどんどんと自分の魅力を下げてしまうのです。

世の中の美人・非美人のみなさんは、各ポイントに気をつけながら、外見だけにとらわれず、中身の自分磨きを忘れないようにしましょう。

photo credit: Dr John2005 via photopincc

こちらのレポートもどうぞ!
整形する?性格直す?「おブスな女子」が彼氏を作る具体的な方法とは [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13058 ]
【結婚】今すぐ目覚めよ! 言い訳ばかりで動かない「婚活岩おんな」たちへ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12683 ]
実は、恋愛指南アニメだった!? 「ムーミン」に学ぶ理想的な男女&家族の形 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12291 ]
【恋愛】あなたの近くにも! 恐怖の「壇蜜女子」から身を守る方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12311 ]
【恋愛】米倉涼子的"ギャップ女子"に学ぶ、「ギャップでモテ術&男性操作法」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13267 ]