BE:FIRSTのワンマンライブ「"Bye-Good-Bye"One-day One Man Show」が4月24日(日)東京ガーデンシアターにて開催。そのオフィシャルレポートが到着した。

また本日4月25日(月)には、本公演でも披露された『Betrayal Game』が配信開始。本日20:00にはミュージックビデオがYouTubeにてプレミアム公開される。

また19:30からはBE:FIRSTのInstagramオフィシャルアカウントにてインスタライブ、19:45からはYouTubeチャンネルにて生配信が行われる。

「BE:FIRSTの進化」を感じさせる、印象的な光景

SKY-HI率いるBMSGに所属する、SOTA/SHUNTO/MANATO/RYUHEI/JUNON/RYOKI/LEOで構成される7人組ダンス&ボーカルユニット:BE:FIRST。

彼らの二度目のワンマン公演となる「"Bye-Good-Bye"One-day One Man Show」が4月24日(日)東京ガーデンシアターにて、昼夜2回公演として行われた。両回ともソールドアウトとなったこの公演について、本稿ではその昼公演をレポートする。

開場前から物販列には多くのBESTY(BE:FIRSTファンの呼称)が長蛇の列を作り、会場ではBE:FIRSTグッズ、そしてSKY-HIが立ち上げ、BE:FIRSTも所属する「BMSG」グッズを身に着けたファンがその開演を待ちわびる中、会場BGMにBMSGに所属するSKY-HI, Novel Core, Aile The Shota, edhiii boiによる楽曲「Brave Generation -BMSG United Remix-」が流れると、会場からは自然と手拍子が起こり、その興奮度は一気に高まっていく。

ステージのLEDスクリーンに映し出されていたBE:FIRSTのロゴが消え、会場の明かりが落ちると、スクリーンにはどこかの街の路地裏のような場所を舞台に闊歩する7人の姿が浮かび上がる。

そしてスクリーンが上下に分かれると、その中心から黒と白のコントラストを強調したクールな衣装に身を包んだBE:FIRSTが現れ、ライヴは4月25日に配信開始となる“Betrayal Game”からスタート。

ドラマ『探偵が早すぎる〜春のトリック返し祭り〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23時59分〜)の主題歌にも起用されたこの曲は、音数の絞られたミニマルな構成に、7人のダンスとボーカルが光る一曲。そのまま楽曲は彼らのデビュー曲である“Gifted.”に展開。

ここで印象的だったのは、オーディエンスが身じろぎもせずBE:FIRSTを注視していた姿だった。拍手や手を振るといったアクションではなく、7人の姿を立ち尽くすかのように見つめるオーディエンスの姿からは、圧倒的なパフォーマンス力で観客の心を掴むまでに至った「BE:FIRSTの進化」を感じさせた。

その緊張感溢れるパフォーマンスから、ロッキッシュに会場を沸かせる“Brave Generation”、会場全体がタオルを振る“FIRST STEP”と、続く2曲では会場を一体感で包み、「緊張と緩和」がオープニングパートの肝となっていた。

新たに完成したBMSGの専用スタジオではしゃぐ7人の姿と、これからの意気込みを語るメンバーの映像によるインタールードを挟み、ストリート系カジュアルの衣装に着替えたメンバーが登場。ライブの中盤戦は“To The First”で始まった。

今年2月に行われた横浜ぴあアリーナMMでの「THE FIRST FINAL」で大団円を迎えた、彼らを生み出したオーディション「THE FIRST」。そのテーマ曲であったこの曲を丁寧に歌い上げる彼らの姿からは「『THE FIRST』の次のステップに登ったBE:FIRST」が映し出される。

この後も“Move On”、“Be Free”と続き、7人だからこそこの曲を歌えるという「強さ」が、このパートには通底していた。

MCでは前述の“Betrayal Game”の配信のアナウンスや、25日20時にアップされるミュージックビデオ、すでに先行公開されている各メンバーにスポットを当てたティーザー動画の撮影裏話などを和気あいあいと話す7人。

5月18日にリリースされる2ndシングル「Bye-Good-Bye」や、現在進行しているプロジェクトに向けての意気込みなど、これからの活躍を期待させる話題に、観客からは驚きと期待の拍手があがった。