パリで3店目となる「IPPUDO République(リピュブリック)」が、日本時間の12月19日にオープンしました。

「IPPUDO République(リピュブリック)」では、「鶏醤油(Tori Shoyu)」や、「茸香るベジ麺(Veggie)」、鶏スープに魚介ダレを合わせた「和み(Nagomi)」など、豚骨以外のラーメンを食べることができます。

歴史ある建物の石壁を生かした店内には、ぬくもりを感じる木のテーブルと椅子が28席あり、そのやわらかな雰囲気の中、フランス産の滋味深い鶏を使った「鶏醤油(Tori Shoyu)」や、数種のマッシュルームやフェンネルなどの野菜でダシをとった「茸香るベジ麺(Veggie)」、そして鶏の清湯に魚介系のタレを合わせた「和み(Nagomi)」など、個性豊かなフランス食材を、日本の細やかな技術で調理したラーメンが揃っています。

パリへ旅行する際はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

【商品ラインナップ(一例)】
◆鶏醤油(€14/約1,860円)
◆茸香るベジ麺(€14/約1,860円)
◆和み(€14/約1,860円)
◆鶏もも肉唐揚げ(€10/約1,330円))ほか

【店舗情報】

開業日 :2017年12月18日(月)
店名 :IPPUDO République(リピュブリック)
住所 :6 Place Jacques Bonsergent, Paris, 75010
営業時間 :月-金12:00–16:00、18:00-24:00(金曜のみ24:30)、土12:00-24:30、
日・祝12:00-22:30(土日は中休みなし)※ラストオーダーは昼夜とも営業終了30分前
席数 :28席