2017年12月23日公開!桐谷美玲主演最新映画『リベンジ girl』の公開を記念して、主演の桐谷美玲さん、鈴木伸之さんのお2人が、映画やお互いについて語ってくれました。

自分とは真逆のヒロイン。テンションをあげて撮影に挑みました」

ーヒロインの宝石美輝は桐谷さんとは違う役だとお聞きしましたが、最初の印象は?

桐谷:最初は本当に自分とは真逆で、これは大変だなと思いました。本当にすごくテンションあげて行かないと、というのが第一印象です。

現場では大丈夫なんですけど、カットがかかった途端、「フゥ〜」という感じでした。

ー鈴木さんの役はどうですか?

鈴木:恋愛映画なんですけど、まじめな役どころだったので、秘書ということもあって、凛としていなきゃいけないのかなという感じでした。

ー『リベンジ girl』を演じる前と演じた後ではお互いの印象はどういう風に変わりましたか?

桐谷:(鈴木さんは)すごく男らしい強い人っていうイメージだったんですけど、寒がりだったり、虫がダメだったり、意外と可愛くて、年相応なんだなって思うところがありました。

虫とかすぐ倒せそうなのに……。

鈴木:僕は桐谷さんはもうずっとテレビで観ていた方だったので、とにかく失礼のないように気をつけていました(笑)。

でも本当に気さくだし、仲良くしてくれようとしてくれていることが伝わってきて、感謝しかないです。

ー劇中ではトンカツ屋さんのポイントカードというのがキーアイテムになっていると思うのですが、実際にお2人はポイントカードを持っていますか?

桐谷:私はけっこう持ってます。近所の薬局とかお洋服屋さん。しっかり最後まで貯められるタイプですね(笑)。

鈴木:僕も洋服屋さんと、電気屋さん、あと近所のスーパーのカードを持っています。ただ出すのが面倒くさくて……あんまりいい経験した記憶はないですね。(笑)