2021年、千葉県鴨川市にオープンした全室オーシャンフロントの一棟貸し切リゾートヴィラ「プライベートオーシャンヴィラ 藍水」と、2022年3月18日にオープンした、グランピングドームテントとプライベートプール、客室内温泉付プライベートヴィラの複合型リゾート「シーサイドテラス千葉鴨川」を取材。

3世代でのステイにもピッタリな贅沢リゾート施設を徹底レポート!

温泉とプールつきのリゾート「プライベートオーシャンヴィラ 藍水」

2021年12月3日にオープンした、全室オーシャンフロントの一棟貸切リゾートヴィラ「プライベートオーシャンヴィラ 藍水」は、房総のリゾート地「鴨川」に位置し、車だと東京から1時間半ほどで到着。

今回は駅から徒歩でも行けるとのことだったので、東京駅から「特急わかしお」にのり、安房鴨川から内房線に乗り換えて「江見駅」で下車しました。時間帯にもよりますが、だいたい2時間半で最寄り駅に到着。

駅から徒歩7分と、海を見ながら散歩するのにちょうどいい距離でした。

まずは1日限定6組の「プライベートオーシャンヴィラ 藍水」から紹介。

各客室に鴨川の天然温泉を備え、プライベートデッキには海を眺めるダイニングスペースの他に、プライベートプールがついていることで、開業以来テレビやWebでも話題になっています。

1棟貸切スタイルで滞在に合わせた過ごし方をセレクトでき、全室がスイートヴィラ。中でもプライベートドッグランを備えたペット同伴可能な部屋は、予約困難なほど人気だそう。

なんといっても、お部屋やキッチンなどがモデルルームのようにオシャレ!