広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画『流浪の月』が5月13日(金)に全国公開となる。このたび、横浜流星の表情を捉えた場面写真が公開された。

想像を膨らませる横浜流星の対照的な表情

本作は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。

また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮を横浜が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じ、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明らが共演に名を連ねている。

公開された場面写真は、“誘拐事件の元被害女児”・更紗の現在の恋人・亮を演じる横浜を捉えたワンシーン。更紗の横で微笑む幸せそうな表情、そしてそれとは対照的に病みやつれた表情の2枚から、亮と更紗の関係がどう変化していくのか、想像が膨らんでくる。

亮は、“誘拐事件の元被害女児”という特殊な過去を抱える更紗を、守ろうとするがゆえにきつく束縛し、やがてその強すぎる愛情が支配、そして暴力へと変わっていく激しさと脆さをあわせ持つ強烈なキャラクターであり、これまでの横浜の硬派で正統、そして紳士的なパブリックイメージを覆す役どころ。

また、横浜は原作が本屋大賞を受賞する前から「流浪の月」のファンだと公言しており、映画化権を李相日監督が取得したという噂を聞きつけると、なんとしてでもその世界観の一部になりたいと行動を起こし、直接李に会って、未決定だった亮役のオファーを受けたという。