旅行にはまだ行けなくとも、異国料理は食べたい!

KALDIに行けば、そんな願いが叶えられます。

筆者は今回、韓国、ベトナム、タイ、インドネシアの麺料理を徹底比較。

近年ブームの韓国料理から、東南アジアのエスニック料理まで、いろいろ実食してみました!

KALDI 農心 ふるる冷麺(水冷麺&ビビン麺)

まずはじめに、SNSでも話題になった冷麺とビビン麺。

あの有名な「辛ラーメン」を作っている企業が発売した袋麺になります。

商品紹介

値段は1袋138円(税込)。

作り方は、まず麺を沸騰したお湯に入れて弱火で3分煮ます。

その間に冷麺は付属スープを冷水で割り、具材を準備します。

ゆであがった麺を冷水で洗い流し、冷麺は付属のスープに入れ、具材をのせたら完成。

ビビン麺は器によそった麺の上から付属のタレをかけて、しっかりと混ぜ合わせ、具材をのせて完成。

ビビン麺のタレはとても辛いので、辛い料理が得意ではない人はタレの量を調整することをおすすめします!

作って食べてみた!

冷麺、ビビン麺、両方ともとても本格的な味でした。

開封時少し心配していた麺は、つるつるかつモチモチでした。長い麺のため、先にキッチンばさみで少し切ると食べやすいと感じました。

冷麺はさっぱりとしたスープに、少し酸味も加わっていてこれからの夏にはぴったりの商品です。

乗せた鶏胸肉とも相性が抜群で、キムチで辛みを足しながらさらっと完食することができました。

ビビン麺は、袋にも注意がありますがかなり辛みが強いです。

様子を見ながらソースを半分混ぜ込んだものの、筆者には辛みが強いと感じました。

コチュジャンのしっかりとした辛みが麺に絡み合い、食欲をそそる味わいです。

辛みに弱い方は、ソースの量の調整やゆで卵等を付け加えることで少し辛みを軽減した方が、美味しく完食できると思います。

総合評価(冷麺)
味:4点
調理の手軽さ:3点

総合評価(ビビン麺)
味:3点
調理の手軽さ:4点