“ファミリー・子供にやさしい群馬の日帰りスキー場” と自らアピールするほど、子連れファミリーに評判で、おすすめできる「たんばらスキーパーク」。

子連れで全国のスキー場を駆け回る、アウトドアライターが、子連れファミリーにおすすめと言えるポイントを、徹底解説します。

近い、雪質最高、施設充実、滑りやすい

実際のところ、「たんばらスキーパーク」は、首都圏在住の子連れファミリーにとって、最高の選択肢の一つと断言して、間違いありません。

三拍子どころか五拍子揃った、おすすめスキー場です。

1. 首都圏から近い

まず外せないのが、車であれば、関越自動車道「練馬」ICから、わずか2時間という、首都圏からの近さです。

これは、湯沢・石打エリアに匹敵する所要時間で、本格的なスキー場へ行こうと思うと、なかなかこれ以上の好条件はありません。

長時間の移動は、子どもの負担になるため、近ければ近いほどメリットとなります。

また、電車の場合は、上越新幹線「上毛高原」駅から、無料送迎バスが出ており、利用できます。

2. とにかく雪質がいい&雪不足の心配なし

「たんばらスキーパーク」は、標高1,250m〜1,550mに位置します。

一般的に、気温は、標高100mごとに約0.6度下がると言われるため、低地に比べると7度〜9度ほどは低い計算になります。

この低気温によってもたらされる、乾いたパウダースノーが、「たんばらスキーパーク」最大の魅力。

子どもたちも、キュッキュッと鳴く雪を踏みしめれば、すぐに別世界だとわかるはずです。

また、ここ数年、12月は雪不足に悩まされるスキー場が多いなか、11月下旬にはもうオープンできてしまう雪の豊富さもメリット。

春スキーも、なんと5月のゴールデンウィーク終了まで営業予定です。