最初の一杯、仕事で疲れて帰ってきた夜、昼飲み…どんなシーンにも思い浮かべるのはそう、ビール!

暑い季節に近づいて、ますますビールが飲みたくなりますよね。

皆さんはいつも、どのようにビールを選んでいますか?

今回は、コンビニで簡単に購入することができるクラフトビールについてご紹介します。

パッケージも可愛く味わいも特徴的で、ビールの選択肢がぐっと広がりますよ!

クラフトビール入門にもぴったり!

クラフトビールを販売する会社の代表とも言えるのが、長野県軽井沢町発祥のヤッホーブルーイング。

ストーリー性のある個性的なビールが揃っています。

そして、なんといっても魅力なのが、コンビニなどで手軽に買って飲むことができること。

その上パッケージに味わいの説明が書かれているので、あらかじめ味がイメージしやすいのもポイントで、クラフトビール入門にはもってこい。

こだわりの味わいがいつでも楽しめるなんて素敵ですよね。

コンビニでクラフトビールを買って飲んでみた!

よなよなエール

ヤッホーブルーイングの看板商品とも言える、「よなよなエール」。価格は273円(税込)です。

その味わいはとっても華やか。柑橘のようなフルーティな風味からはじまり、心地よい苦味が後を引きます。

キレもよく日本らしいビールの特徴を残しながらも、特徴的な香りとコクを楽しむことができます。

フライやソーセージなどはもちろん、日本の料理との相性も良さそうなので、夕食のシーンなどにいかがでしょうか?

ふと缶の裏の説明を見てみると、このビールならではの美味しい飲み方が書いてありました。

筆者は早く飲みたさが勝ってしまい、冷蔵庫から出してすぐに、いつも通り泡をたっぷりに注いでしまいました…。

普通に飲んでも、とても味わい深かったですが、しっかり読んでおけばさらに美味しく飲むことができたなんて…。

数分常温に置いたものを、少なめの泡で飲んでも美味しいそうです。

確かに、香りと旨味が特徴のビールなので、冷たいまま喉越しを楽しむだけではなく、味わいながらゆっくり飲むのにも向いていると感じました。

皆さんはぜひ、缶に記載のおすすめの飲み方を試してみてくださいね。